ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

雪わたり」 みんなの声

雪わたり 作:宮沢 賢治
絵:とよた かずひこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2004年
ISBN:9784265071043
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 異世界(ファンタジー)への年齢上限は?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    「雪わたり」は、随分むかし、いかつい「宮沢賢治集」で読んだことがあったのですが、
    これは童話絵本風の作りになっていて、とよたかずひこさんの絵がすごくいい感じに賢治の世界を描いてくれていました。
    「宮沢賢治」というと、教科書にも載っているお話が多く、日本を代表する素晴らしい童話作家ですが、
    実際今の子どもたちが、本屋や図書館で手にするかというと、
    「う〜ん…」って、感じだと思うんですよ。
    その点この作品は、とよたさんの味がいい感じに混ざり合って、なんだかすごく身近なファンタジーに感じられました。

    字も大きく、振り仮名も振ってあるので、これなら小学校低学年くらいから十分に1人読みができると思います。

    かわいい子どもたちとともに、きつねたちへの濡れ衣が、小さい子が読んでもよく伝わってくると思います。
    ちなみに本文中に
    「…兄さんたちは11さい以下ですか」
    「…12さい以上の来ひんは入場をおことわり申し候…」
    という件があるのですが、
    この異世界(ファンタジー)の世界への招待の上限は、
    宮沢賢治が決めたのでしょうか?
    それとも、もっと昔からそういった年の境目というものの決まりがあったのでしょうか?
    その所かすごく気になりました。
    詳しい方がいたら、ぜひ教えてほしいです!

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット