モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

マッチうりの女の子」 みんなの声

マッチうりの女の子 絵:スベン・オットー
訳:乾 侑美子
原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン
出版社:童話館出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1994年
ISBN:9784924938281
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,202
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 切ないお話し

    あ〜、なんて切ないお話しなんでしょう。
    私が幼い頃に保育園の保育士さんから聞いた「マッチ売りの少女」
    のおはなしを更に掘り下げて女の子の家庭の様子や
    まちの風景、そして女の子の様子がとても細かく書かれています。
    その様子は悲しくもあり、切なくもあり、
    でも、この美しい挿絵がラストの部分を
    優しく包み込んでくれてるようで、天国へ登っていった女の子の
    顔が浮かぶようです。
    素敵なお話しとすばらしい挿絵の組み合わせに感動しました。

    掲載日:2008/09/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 童話を絵本で味わうこと

    あの有名な『マッチ売りの少女』のお話しが、こんなに悲しくて、切なくて、美しいものだということを気付きました。スヴェン・オットーの絵がすべてを物語っています。雪の中を素足で歩きながらマッチを売る、想像しただけでも倒れそうになる状況です。マッチを灯して色々な光景をわずかの時間楽しんで、一人路上で亡くなった女の子は、人生の最期は嬉しかったのでしょうか?口元がほほえんでいたそうですから…。

    あまりにも有名で知っているつもりでいました。改めて読んで童話の絵本もいいものだ、と思いました。ゆっくり、じっくり、余韻を噛み締めながら読みたい絵本です。

    掲載日:2007/09/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵が素晴らしい一冊

    ストーリー性といい、奥深さといい、他の『マッチうりの少女』の絵本から抜きん出た絵の素晴らしさに、見入ってしまいました。
    女の子の家族のことや、物語の本筋には直接触れられていない光景のディテールや細かい部分が、映画のように見事に描かれています。
    女の子の貧しさ、寂しさ、辛さが伝わって来るだけに、女の子の幸せそうな死に顔が解放感と安堵感に満ちていると思いました。

    掲載日:2013/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット