モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

パパにはともだちがたくさんいた」 みんなの声

パパにはともだちがたくさんいた 作:末盛千枝子
絵:津尾 美智子
出版社:すえもりブックス
本体価格:\1,500+税
発行日:1995年
ISBN:9784915777141
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
「パパにはともだちがたくさんいた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • モデルがいるのでしょうか?
    ストレートで生々しい展開に言葉を失ってしまいました。
    自分が今死んだら、家族はどう思うんだろう、周りはどう思うんだろう。
    自分の死と、自分の家族を周りはどのように考えてくれるんだろう。
    この絵本の父親のように、自分を思ってくれる人はいるんだろうか?

    でも、今言えることは、生きている自分を周りに伝えられる父親でいなければいけない、と言うことでしょうか。

    父親として考えさせられました。
    裏表紙に記された詩の断片は、父親へのメッセージですよね。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乗り越えて心の中に

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    1985年に初めて出版された絵本ですね
    なつのあさ とつぜんパパが死んだ・・・と衝撃的にお話は始まります
    残された家族の悲しみが、少ない文章とやさしいタッチのイラストから静かに伝わってきました・・
    でもやがて、パパにはたくさんの友人がいて、仕事場での父の姿が、子供たちは尊敬の念を抱きます
    家族の「死」は経験したものでないと、なかなか気持ちを理解できるものではありません
    このようにストレートに表現された絵本に、子供はどう反応するのか、
    中学生くらいになると、なかなか本音を聞き出すことは難しかったが、自分の周りで同じような状況にある友人の苦労は、理解しているようでした・・・

    掲載日:2008/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 残されたものへ

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    父親を亡くした息子さんたちに書かれた絵本です。
    もう会えなくなったパパだけど、いろんな人の心に生き続けています。
    周りの人たちの支えのありがたさを知ります。
    亡くなっても、その人の意思を引き継いでくれる仲間がいれば、いつまでも生き続けます。

    かなしいことだけど、乗り越えた息子さんたちは、きっと素敵な大人になっていることでしょう。

    掲載日:2007/09/18

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット