庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ワビシーネ農場のふしぎなガチョウ」 みんなの声

ワビシーネ農場のふしぎなガチョウ 作・絵:ディック・キング=スミス
訳:三原 泉
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年09月
ISBN:9784751519073
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,524
みんなの声 総数 1
「ワビシーネ農場のふしぎなガチョウ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • オリジナルの名前もダジャレなのかな?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    なにしろ「いとうひろし」さんのイラストがよかったです。
    訳者は三原泉さんというかたでしたが、
    日本語バージョンらしき登場人物たちの名前のダジャレかげんが、
    いとうひろしさんぽかったです。

    だって、「ワビシーネ農場」を筆頭に、
    お父さんガチョウの名はションボリ、
    お母さんガチョウの名はガックリ。
    おまけにきんのがちょうの名は、ウレシーナ!
    ここまでくると、
    オリジナルの本当の名前はなんていうのか、気になりますよね。

    題名だけだと、グリム童話の「金のガチョウ」(触るとドンドンガチョウにくっついていっちゃう話)を彷彿とさせますが、
    こちらは古代ローマの伝説(本当あるのかな?)と関係ある話だそうです。

    物語には得てしていやな奴が出てくるものですが、この物語は終始一貫して穏やかで優しいリズムで進み、これといっていひどい人間は1人も出てきません。
    だから、とても気持ちよく最後まで読めました。

    「幼年童話」というジャンルになっている作品ですが、字が大きく読みやすいので、1人読みなら小学校低学年から読めそうです。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット