おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

絵本 ワニのオーケストラ入門」 みんなの声

絵本  ワニのオーケストラ入門 作:ドナルド・エリオット
絵:クリントン・アロウッド
訳:芥川 也寸志 石井 史子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:1983年
ISBN:9784001105292
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,854
みんなの声 総数 4
「絵本  ワニのオーケストラ入門」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ユーモラスなオーケストラ紹介

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子6歳、男の子2歳

    音楽が好きな私は、子どもに音楽を伝えることができるような絵本を探しています。
    楽器の音色や曲のイメージが浮かぶような、そんな絵本はないだろうかと。

    この絵本を子どもと楽しむには、ちょっと難しいかもしれないけれど
    オーケストラや楽器の好きな人なら、クスッと笑えるのではないでしょうか。
    楽器の音色は的確に、でも奏者(楽器)のことはユーモラスに紹介されています。

    自分の好きな楽器がどんな風なイメージなのか。
    どんな音として表現されているのか。
    是非手にとって、ページをめくってみてください。

    そして、ワニたちが古典的な衣装に身を包み、とっても真面目な顔で
    ユーモアも交えつつ描かれているのがまたおかしいのです。

    掲載日:2007/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • ワニたちが、オーケストラを構成する楽器のひとつひとつを紹介していきます。

    細かなタッチで描かれたワニと楽器の絵と、ユーモアを交えながら自分の楽器のすばらしさを主張するワニたち。

    とても読みやすい文章で、それぞれの楽器の特性を一通り説明してくれます。

    子どもが音楽に興味を持ったとき、楽器や吹奏楽を始めるとき、読んで見せてあげたい本です。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人な気分

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    娘が吹奏楽部に入っているので、勉強になるかと思って読んでみました。

    表紙も素敵ですし、挿絵もおしゃれです。
    楽器に興味のない人でも、イメージがふくらむ文章です。
    堅苦しくなく、詩的な文章です。

    音楽会の前に読んであげたいと思いました。
    子どもは自分からは手にとらないと思います。
    大人が読んであげて一緒に楽しみたい本です。

    掲載日:2010/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人が楽しめる本

    音楽好きの私はすぐにこの本が気に入りました。

    特にワニたちが古典的な衣装を身に着け楽器を
    持っている絵が気に入って見るだけでも十分
    楽しめます。
    登場人物がすべてワニってところが笑えます。
    もちろん各楽器の解説も書いてあるので音楽
    好きな人には楽しめる本だと思います。

    小さい子供には難しいので小学校高学年ぐらいから
    なら楽しめるのではないでしょうか。

    掲載日:2008/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット