雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

とりの こもりうた」 みんなの声

とりの こもりうた 作:木坂 涼
絵:夏目 義一
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2007年10月
評価スコア 4
評価ランキング 18,327
みんなの声 総数 9
「とりの こもりうた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夜のひと時に

    夕刻から夜になり、いろんな鳥たちが眠る様子が優しいタッチで描かれています。
    「ねんねんむう ねんねんむう」
    言葉の言い回しも優しく、読んでいるうちにほっこりと心が落ち着く絵本です。
    途中で、まだ起きている鳥に、「眠らないのかな?」と問いかける箇所は、わが子にもそろそろ寝ようねと遠回しに伝えることができ、お休み前に最適です。
    2歳になったばかりの息子のお気に入りになりました。

    掲載日:2014/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 暗闇で

    暗闇で読むと、本当に絵でなくて写真見たいで
    そばにいるみたいに見えます。
    絵がとても上手で、お話にあっているように感じました。
    眠る前に読むといいのですが
    二歳児にはまだ早いようで、あまり興味を示しません。

    掲載日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 眠る姿・・・

    鳥たちが眠る姿を描いたお話です。

    気持ち良さそうにそれぞれの寝床で眠る姿が可愛らしく描かれていました。
    細かく描かれているので、羽のぬくもりを感じる事ができます。

    鳥好きの子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2010/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 木坂さん

    木坂涼さんの作品だったのでこの絵本を選びました。自然の風を感じられる文章が素敵でした。躍動感あふれる葉っぱの動きも目を見張りました。色々な鳥が登場するので楽しく読む事が出来、同時に学べるのも良かったです。よく目を凝らして観察する事で沢山の事を知れる素晴らしさを教えてくれる絵本でした。実際に外に出て観察したくなる絵本です。

    掲載日:2009/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねんねんむう ねんねんむう

    「ねんねんむう ねんねんむう」

    私も眠たくなってくるのに、なかなか眠くならない孫です。

    鳥たちの眠る場所がやっぱり気になります。

    葉っぱの中に上手く隠れているなあって思いました。

    木に止まって眠る鳥たちが沢山いるのに、葉っぱなのか、鳥なのか遠く

    から見たらわからないだろうなあって思いました。

    「ねんねんむう ねんねんむう」

    睡魔に誘われます。上手く言葉が使われているなあって感心しました。

    電車の中でも立っていても眠れる私ですから、言葉のマジックで益々

    眠っちゃいます。

    おやすみの前に読みたい1冊に加えたい絵本です。

    掲載日:2009/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後に読もうね

    • ちびびさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子3歳

    絵が結構リアルというか、とりのむくむくっとした感じがよくでていて好きです。
    最初の方では木にとまる大量のとりたちを探してここにも!あっちにも!なんて読むんですが、
    最後にはだんだんと子守歌の様子になってきて、
    一時期、我が家では息子がこれを最後に読もうね、と
    持ってきていて、本当に子守歌として読んでいました。
    「かがくのとも」なのでとりがどうやって寝るか、が
    主なお話なんですが、そっちの興味よりも
    とっても心地よく聞きながら眠れる一冊と思ったようです。

    掲載日:2008/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る前の一冊

    絵がとても綺麗な絵本。夕方から夜にかけての「一日の終わり」のほっとした柔らかな雰囲気がよく出ていて、寝る前に読んであげると安らぎます。息子は最初いまひとつの反応で「少し大人っぽすぎたかな」と思いましたが、しばらく置いておいたら「すずめのえほんよんで」と自分から言い出して「ねんねんむうねんねんむう」と唱えていました。実は印象に残っていたのだなと驚きました。柔らかいながらもリアルな鳥の描写で、ついでに勉強もできます。

    掲載日:2008/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい歌声

    水辺でねむる鳥達、草原の草の草に止まりながら、やさしい風に吹かれてねむねむ・・・
    さまざまな鳥達のやさしい子守歌。それは自然の中の
    柔らかい風や澄んだ水。なんて心地良い絵本なんでしょう♪

    夜の長いこの季節にしずかな眠りを楽しみたい!

    掲載日:2007/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい子守唄

    鳥たちが眠りにつく様子が描かれています。
    木に止まって寝る鳥、葉っぱに隠れて寝る鳥。
    「この鳥さんは水に浮かんだまま寝るの?」
    ちょっとした発見に娘は得意顔。知る喜びかな。
    「ねんねんむう ねんねんむう」という子守唄は耳に優しくて
    鳥のイメージにピッタリ。読んでる私まで眠くなるから不思議です。

    掲載日:2007/09/21

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット