だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

だるまちゃんととらのこちゃん」 みんなの声

だるまちゃんととらのこちゃん 作・絵:加古 里子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1987年01月
ISBN:9784834001396
評価スコア 4.77
評価ランキング 510
みんなの声 総数 64
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

64件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • だるまちゃん 絵うまーい!

    だるまちゃんと とらのこちゃんは、まちのあちこちにお絵かき。
    だるまちゃんも、とらのこちゃんも、絵うますぎ!
    たちまち町中から、注文が殺到します。

    こどものお絵かきから、こんな風にお話が広がっていくなんて、かこさんのお話は本当に楽しいです。
    そして、本来ならコワイイメージのだるまなのに、とってもかわいくて親しみを感じるキャラに仕立てられているも、このシリーズのスゴイところ。
    更にあとがきを読んで、とらのこちゃんが相手に選ばれた理由の深さにビックリしました!
    このお話が、どれほどよく考えられたストーリーなのかも!!

    だるまちゃんシリーズの中でも、上位に持っていきたい作品です☆

    掲載日:2013/12/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • だるまちゃんシリーズって楽しい!

    5歳長女が最近「だるまちゃんシリーズ読みたい」と言いだして借りてきました。何だかもう年長さんで長い文章を読むのに興味が出だした長女にはどうなのかな?なんて思っていたのと、「だるまちゃんとてんぐちゃん」以来このシリーズをよんでなかったのですが、この絵本もとっても楽しかったようです。そして私も。「だるまちゃんとてんぐちゃん」と違って、何だか時代が新しく感じました。長女は「すてきな街になってるー」と喜んでいました。だって、手作りペンキで街がとってもきれいになるんですもの。

    掲載日:2013/08/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 連続三回読んで!

    • アヤトリーさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    年少の娘に読みました。
    絵がカラフルで細かく描かれていて、食い入るように見ていました。
    思いきりペンキ!一度は思いきりやってみたいですよね。
    だるまちゃんととらのこちゃんが、いきいきといがかれています。
    かこさんの絵は、やっぱり素敵です。

    掲載日:2013/03/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 細かくてカラフルな絵!ペンキ塗りのおはなし

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子6歳、女の子3歳

    とらのこちゃんのおうち、とらの町へだるまちゃんは遊びに行きます。

    とらのこちゃんのおうちはペンキ屋さん。でも本物のペンキは使えないので、どろとつちを水で混ぜて2色のペンキを作りました。そして、2人で町に落書きを始めます。でも、落書きと言ってもセンスがいいのかキレイになっていって、それを見た花屋さんから壁のペンキ塗りを依頼されるほどに。すかさずとらのこちゃんのお父さんのお店を紹介するあたり、抜け目がないというかなんと言うか。

    気をよくした二人はさらに町に絵を描き続けます。
    怖いひげとらどんに「おとうさんのところへつれていけ」と言われた時には、もうだめかと思いましたが・・・
    ありえないくらい、見事なハッピーエンド!

    カラフルな絵と、ペンキ塗りを依頼されるさまざまな車たち・・・
    いつもながらにかこさとしさんは絵が細かくて楽しいなと思いました。

    掲載日:2011/09/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 黄色い土と赤い泥

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    今回のだるまちゃんは、黄色い土と赤い泥をペンキに見立てて遊びます。豪快な遊びっぷりもいいのですが、土と泥を使い分けする所に感心しました。
    私が小さい頃は、山ブドウの実を潰して紫色のジュースを作ったり、どろどろの泥でケーキを作ったりして遊びました。そんな事を思い出し、なんだか懐かしく不思議な心地よさを感じています。息子にも土のサラサラ感、泥のべチョべチョ感、たっくさん味わって欲しいです。

    掲載日:2011/04/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • きれい!!

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子4歳、女の子0歳

    私、個人の意見ですが、だるまちゃんのシリーズの中で一番好きです。
    だるまちゃんととらのこちゃんの絵のセンスがとっても素敵です。
    赤と黄色ってとってもきれいだな〜と思いました。

    いいな〜と思うところは、とらのこちゃんの親おもいなところ。
    お父さんの仕事がいくようにしているんですもの。
    そういうところも、とっても素敵です。

    掲載日:2009/03/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大好きなだるまちゃんのシリーズ

    私がハマっているだるまちゃんのシリーズ。
    最初はかわいくないと思っていたのですが。
    長靴はいてるだるまちゃん。いい子だし。だんだんかわいく思えてきます。
    先入観のない娘は、最初によんだ《だるまちゃんとてんぐちゃん》から気になる存在のようです。

    今回はペンキ屋の息子のとらのこちゃんと遊ぶお話ですが。
    まず。とらのこちゃんの家にお迎えに行くのですが。
    トラの町について、1丁目。2丁目。3丁目(とらのこちゃん宅がある)と。
    てんぐちゃんとの世界とは、少し違う感じで始まります。
    11ぴきのねこ的世界?
    トラが暮らしている商店街とか。ちょっと驚きました。

    で。ペンキ屋の息子とドロのペンキを作って、竹林や町の中を2人でペイントしていき。
    いい評価をもらって。
    パパの仕事も繁盛する話でした。

    ちょっと文章が長いような気もしますが。

    だるまちゃんの交友関係が気になる娘は、最後まで聞いていました。
    この本ぐらいになってくると。

    おもしろいお話です。

    掲載日:2008/07/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白い!

    だるまちゃんシリーズは親子で大好きです。
    何回読んでも面白い。
    加古里子さんの発想には毎回脱帽です。
    松や竹の下の土の色をペンキというか絵の具というか
    に見立てるなんて頭いいですよね。
    そして怒られそうになってドキドキする場面もあり
    子供も大人も惹きつけられます。
    「おうちの壁に絵を書きたいなぁ」と子供達。
    「絵本だから楽しいけど自分の家はダメだよ〜」と言うと
    読み終わってから2人でお絵かきしてました。
    楽しくて何回も読みたいそんな本です。

    掲載日:2008/03/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 創造力に制限なし!

    だるまちゃんシリーズは、何冊か持っていて、どれも楽しく読んでいます。だるまちゃん、というキャラクターが他にはない独創性があっていいですね。

    とらのこちゃんの家に遊びにいっただるまちゃん、塗装業を営むとらのこちゃんのお父さんの、お仕事道具のペンキに見立てて、松林の中の土でペンキを作る所なんかは、子供達の考えそうなことですよね。 そして、それを使って、まずは、自分たちの体を違う色に塗って、次に木、そして町の中まで、、、とだんだんエスカレートして行く様、自分の子供にも、制限をなくして、これだけ思い切り遊ばせてあげられたらなあ、なんて、ちょっと羨ましく思いながら読んでいます。 

    この本に限らず、かこさとしさんのお話は、言葉遊びの要素が含まれている物が多く、本のお話もさながらに、言葉遊びの楽しさを教えてくれるのも、気に入っています。

    また、町中の細かな様子や、見事な落書きのシーンの絵は、子供の目を釘付けにさせるような魅力があり、文字の読めない子供でも、長い事眺めていて楽しめる本でもあります。我が娘は、町の中のいたずら描きのシーンを食い込む様に眺めていました。

    掲載日:2007/12/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • センスがいい!

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    だるまちゃんととらのこちゃんが、天然素材のペンキでどんどん町を塗っていきます。
    そのデザインのセンスのよさにびっくりします。
    2色だけで、とてもかわいい素敵なデザインになっています。
    アートですね。

    とらのこちゃんのお父さんの宣伝もしっかりできて、
    注文が殺到します。
    古いものも、塗り替えるだけでぴかぴかです。
    これは、エコですね!

    だるまちゃんがとらのこちゃんのところへ行く途中に、
    原料の土が描いてあって、さすが加古さんと思いました。

    掲載日:2006/12/11

    参考になりました
    感謝
    1

64件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / パパ、お月さまとって!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(64人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット