おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

だんだんのぼれば」 みんなの声

だんだんのぼれば 作・絵:多田 ヒロシ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\971+税
発行日:1989年
ISBN:9784905699682
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
「だんだんのぼれば」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 終わりが読めないお話です

    小さなカエルが神社の石段を登っていくお話です。

    登っていく途中でいろんな危険に出くわしますが、

    うまくかわしていました。

    お話を読んでいっても、どうやってお話が終わるのか

    検討がつかず、そこが気になりながら読んでました。

    想像しなかった終わり方ですが、ハッピーエンド

    だったのでよかったです。

    ちいさなカエルでも、力強く頼もしかったです。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんか、すごい

    • わにぼうさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子9歳、男の子5歳

    はす池に住むカエルのオッタが、山のてっぺんにある神社へ続く
    長い長い石段を登っていくというお話なんですが。

    ねずみさんのながいパンも書かれてる多田ヒロシさんだけあって、
    まるでオッタと一緒に石段を登っていくような気分になってきます。

    石段を登る間には色んなことが起こりますし、
    終点の神社に着いた時にはなんと石段は999段だったり。
    そこで「良かったね〜」で終わることなく、またドキドキが。

    だんだん登って景色が変わっていくところも、
    自分の住処のはす池を見下ろすところも、なんかすごいってびっくり。

    今度、長い階段の上にある神社へ登ってみようかなぁ〜。

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • カエルの冒険

    蓮池にいたカエルが、山頂にある神社まで石段を登っていくというお話。
    途中、狛犬やへび、ムササビなどが通りかかり、小さな大冒険。
    最後は神社の賽銭箱の中に落っこちてしまいます。
    何とか助かって、山の頂上からみた景色の中
    蓮池の形が初めてひょうたん型だったと知ったカエル。
    なんだか、目先のことばかりちまちまと考えず
    物事を大きく考えよと教えてくれているような気がしました。

    ほどよいドキドキ感と、わかりやすい動物達の登場の繰り返しで
    小さいうちから楽しめる一冊だと思います。

    掲載日:2009/08/12

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット