雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

きこえる きこえる」 みんなの声

きこえる きこえる 作・絵:マリー・ホール・エッツ
訳:舟崎 靖子
出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年5月
ISBN:9784835443041
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,143
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 思いを伝えるのは

    口に出さなくても十分相手に伝わる方法もあるよって
    教えてくれる絵本ですね。
    言葉で伝えることも大事かもしれませんが
    ジェスチャーが加わるとより豊かな表現ができると思います。
    娘にも知らないジェスチャー、なじみのジェスチャーがあったみたいですが
    一番共感したのは“くすりをのみたくない男の子が自分の口をふさいでいるところ”みたいです。
    まさにおんなじことを娘もやるので私も笑ってしまいました。
    あと“だいすき”っていう気持ちを伝えるジェスチャーは改めて
    ステキだな〜と思いました。

    掲載日:2007/10/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 相手を見て想像する力

    スマートフォンの普及で、顔を合わせずコミュニケーションを取るようになって、相手の心情を表情から読み取ることが苦手になっているようです。
    人間関係の信頼は、その人のちょっとしたしぐさや表情で感情を分かり合えるところからはじまると思います。

    言葉の通じない動物や、まだしゃべる事のできない幼い子どもとの会話はゼスチャーだったり顔の表情だったりします。

    言葉よりももっと大事なことを教えてくれる絵本だと思います。
    温かみのある絵も子どもたちに見てもらいたいです。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • しゃべらないでも伝わること

    「あんまりしゃべらない家なんだねえ。変なの」と娘は言いました。
    「でもさ、しゃべらないでも伝わることっていうのもあるんだよ」
    そう教えてあげました。
    確かに我が家はべっちゃくっちゃべっちゃくっちゃしゃべってばかり
    だからねえ(笑)。

    掲載日:2013/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言わなくても「聞こえる」ね

    いろんな感情や言葉が、言わなくても、目線やジェスチャーでわかるよね、心の声は聞こえるよね?、、、という内容。

    色がモノクロで地味だけど、いろんなことを動作で現していてなかなか面白かった。4歳になりたての娘には、ちょっと拍子抜けのようだったけれど、、、大人になったほうが面白さがわかるかも。「もう終わり??」と言っていたけど、きっと理解していないに違いない。

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文化の違いを感じますね

    エッツの『もりのなか』『またもりや』がとても良かったので、2歳の息子に借りてみました。

    ジェスチャーを題材にした話です。ただ、それがアメリカ文化のそれなので、馴染みのないものが多く、ピンときません。

    海外の絵本は大好きですが、この絵本のように、文化が違うと理解できないものや、日本では馴染みのない動物が登場したりすると、小さい子には難しいですね。

    掲載日:2010/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外と

    • みっくるみさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    娘が図書館で選んだのがこの本でした。

    私は文章も長いしちょっと娘の年齢では難しいかな・・・と心配していました。
    絵も版画で初めてだったのでなお不安でした。

    読み始めてみると、意外と見入っていてびっくりでした☆
    絵本の中の絵を見て「こうだよね」と説明したり「どうして??」と興味を持って見ていました。

    ちょっと難しい内容ですが、しっかりと見ていました☆

    掲載日:2010/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろなジェスチャー

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳

    言葉に出さなくても、相手に伝わるジェスチャーがたくさん描かれています。
    普段は気にとめていなかったけれど、特に子どもは、気持ちを言葉を交えながらも、身振り手振り、顔の表現などで表すことが多いな〜と思いました。
    エッツの絵は、白黒だけで表現されているのに、顔の表情や周りの様子などがとてもよく伝わってきて、驚きます。

    掲載日:2009/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • きこえる声に耳を澄ます

     主人公である男の子の周りで起こっていることには言葉が存在しません。それにも関わらず物語は頭の中で「声」が聞こえてくるという展開で進んでいきます。そこには私たちが普段指し示す「言葉」というものはなく、「言葉」のかわりとなっているのが、身振りや手振り・表情や空気なのです。
     いつも当たり前と思っている周囲の事柄。
    それに少しの注意を払うだけで、いつもと違った表情を垣間見ることが出来ます。散歩した田んぼ道。晴れた空の下で出くわす草木…などその世界には自然に触れたときに見える場合が多いです。可視できるものよりも不可視的なものの方が大切なのだ。自分の中で「きこえる」それは何なのでしょうか。 
     目に見えなくても、耳に聞こえなくても「見えるもの」「聞こえるもの」といったイメージし考えることの楽しさ。それは子どもの頃にすでに経験していた世界であった気がします。
     大人になった今、そして近代以降、合理性を求めがちになってきている現代人が乏しくなってきたイメージする能力。その一因として、普段から「きこえる」声に耳を傾けていないからかもしれません。量的世界観>質的世界観の図式が知らずのうちに出来上がってしまっていたのです。 質的世界観であるちょっといつもと違った濃い世界を味わうために人間の言葉が通じない生き物−動物や植物・自然の生命を見て今どんなことを考えているのかなと想像したり、家族との関わりにおいても何を欲しているのかな?などと思い巡らせイメージすることで何をしているわけではなくとも「楽しい」「面白い」生活が送ることが出来るかもしれません。
     そう思うとこれから意識的に私もこの主人公のように、「きこえる」生活を感じたくさせる一冊です。

    掲載日:2009/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉にださなくても伝わる

    白黒の木版画みたいな絵です。気持ちは絵だけでも充分伝わりました。
    1ページごとの解説がとても納得できて、共感しました。「かあさんが薬をもってくると、弟は何も言わず口を手で隠します。」に、孫のことですが、お水がいらないと口を「ぶう」と、とんがらせるのでとても笑えました。日常で、言葉に出さないで、ジェスチャーだけで用事を済ましていることが沢山あるので驚いています。

    掲載日:2009/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉にしなくても

    「ちゃんと言わなくちゃわからないでしょ!」と言って、娘を叱ってしまうことが多いです。
    言葉で自分の意見を伝えてほしい、という気持ちがあって言ってしまうんだと思います。

    この絵本を読んで、はっとしました。
    言葉!言葉!って言いすぎかなーと。

    ちょっと肩の力を抜いて、たまには「話さなくてもわかるよ」って、言ってあげたくなりました。

    掲載日:2008/11/29

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット