すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

あきにであったおともだち」 ママの声

あきにであったおともだち 作・絵:亀岡 亜希子
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年09月
ISBN:9784894235373
評価スコア 4.38
評価ランキング 10,132
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 秋が楽しみになります

    オコジョがかわいらしくて、こういった絵本はきっと
    娘の好みだろう・・と思い、図書館から借りてきました。
    思ったほど騒がなかったのは、ちょっと大人っぽいお話
    だったからかしら。自分の中にいろいろな気持ちがあるって
    いうことが、幼い(たぶんまわりのお友達よりも幼い)娘
    には、なんとなくわからなかったのかもしれません。

    ページを開くと、秋が溢れ出てきて、美しいです。
    落ち葉の匂いや、木の実の匂いまでしてきそうに思います。
    本格的な秋がやってくるのが楽しみになります。

    掲載日:2016/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋の森で

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    秋の森で出会った人間の女の子と友達になるオコジョ。
    お茶会をしたり楽しそうです。
    ある日、女の子が好きな男の子が転校してしまう前に森に招待したいと言いだし…。
    オコジョのこの思いは嫉妬なのでしょうが、友情だけでなくちょっとした恋心もあったのかな?
    4歳の娘に読んでと言われて読みましたが、正直娘にはまだ難しかったように思います。

    掲載日:2015/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女心

    小学4年生の娘に読みました。

    年頃になってきた女の子の微妙な心理を描いているので
    娘にはちょうどよかったようです。

    秋の美しい山の景色が
    ページをめくるごとに広がるので
    読み手も、山の中にいざなわれているような気になります。

    紅葉の季節に是非(*^_^*)

    掲載日:2014/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恋ごころ

    主人公はオコジョなのですが、人間の女の子への恋ごころを描いています。
    姿こそオコジョですが、気持ちは人間の男の子そのものです。

    届かない思い、別の相手に向けられた恋ごころに気づいたときに目立えた嫉妬心、、、。
    けれど、『笑顔が見たいから』と、女の子の恋を応援します。

    あぁ、なんて素敵なんだろうって思いました。
    恋が実る実らないは関係ない。誰かを好きになるってことが素晴らしいんだって。

    オコジョだから切ない。
    オコジョだから秋の風景が引き立つ。
    そんな、ちいさな恋のものがたりでした。

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな恋

    オコジョのタッチィと、人間の女の子ハーミーちゃん。
    二人それぞれの、小さな恋が切なかったですね。
    秋のひんやりした空気や、冬眠前のしばらくの別れという出来事も重なって、とても上質なお話になっていたと思います。

    掲載日:2013/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんのこころ

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子12歳、男の子10歳

    秋めいたきた今日この頃、紅葉の絵がきれいな表紙のこの絵本を読んでみました。

    出てくるのはオコジョのタッチイ。
    落ち葉の舞う森で、ハーミーちゃんというかわいい女の子と出会います。

    それからはハーミーちゃんと遊ぶのが楽しい日々。
    でも、そうなんです、誰しも欲がでてきて・・・

    友達のくまさんが、タッチイにこんなことを言います。
    「たくさんある「こころ」の中で、タッチイにとって大切なのはどれ?」

    私たちはいろんな気持ちを持っているけれど、そのときそのときに一番大切な気持ちをちゃんと分かって行動できると素晴らしいと思いました。

    優しい気持ちにさせてくれる絵本です。

    掲載日:2012/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めて知る恋の味

    おなじみタッチィシリーズの秋の絵本は、少し甘酸っぱい恋のお話でした。

    秋の森でハーミィちゃんという女の子と仲良しになったタッチィ。
    すぐに打ち解けて、落ち葉が舞い散る中お茶会の会場づくりを始めることになります。
    お茶会を楽しみにしていたタッチィですが、ハーミィちゃんから「お茶会の招待状を渡したい相手がいる」と聞かされて…?

    タッチィが初めて知った『恋』という感情。
    大好きなのに冷たくしちゃったり、腹が立ったり悲しくなったり…それは、『好き』だからこそなんですよね。
    最後には、ハーミィちゃんのことを笑顔で応援してあげることができたタッチィ。少し大人になれたかな?
    初恋の揺れる想いを繊細に表現した、とてもいい絵本だと思いました。

    タッチィが楽しみにしていたお茶会。
    最後のページをめくったら、にっこり笑顔になりました。
    紅葉の戸外でお茶会をするのは、すごくさわやかで気持ちがいいでしょうね。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • タッチィのピンク色のハートが印象的でした

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    何度も書いてますが、我が家にはハムスターのペットがいます。この愛らしいことといったら!
    そこで、うちの子どもたちはハムスターとか、ネズミとか、ウサギとか、こういった系統の出てくる話が大好き!!
    本を検索していて、この絵本を見つけたときにはこれだ!!と、思いましたね。
    さっそく図書館で探して借りてきたら、子どもたちは大喜びでした。
    オコジョのタッチィ、可愛いです。
    この絵本はシリーズの3つ目なのかな?タッチィの秋バージョンです。

    ストーリーがしっとりしているので、読み終わったとき子どもたちはちょっと悲しくなってしまったそうです。

    「誰かを好きになる」という気持ちをテーマに描かれているので、あまり小さなお子さんには難しいと思います。

    私が特に気に入ったシーンは、タッチィが、仲良しのくまくんに心の内を聞いてもらうシーンで、心臓のあるあたりにポッとハートっぽいピンクが描かれているところ。
    背景にいろいろな色をぼかして入れているところも、タッチィの複雑な心の中を垣間見るようで、すごい表現だな。と思いました。

    掲載日:2010/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出会い

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    初恋の絵本を読むのは初めて。
    内容を知らずに秋の絵本だと手にとったので、5歳息子にはまだ理解できない内容だったかな〜?

    思いがけないところで出会い、仲良くなり、そして大好きになる。
    そんな様子が読んでいて微笑ましかったです。
    大好きな女の子には、気になる男の子がいて・・・急に悲しくなったり。
    大好きなのにどうして怒っちゃうんだろう、自分の気持ちがたくさんあってどうしたいのかわからない。
    そんなもどかしい気持ち、大人になり落ち着きすぎた私には長い間忘れちゃっていました^^;

    長い間忘れちゃっていたけど、タッチィの気持ちは痛いほどわかるよ〜!
    もどかしい気持ちを抱えながら、女の子に歩み寄り、女の子を応援するタッチィの姿が本当に素敵だし、大人ですね!
    仲良しくまさんがお話を聞き、アドバイスをする様子も素敵!

    素直な気持ちがよく現れていて、読んだ後はほんわかした気持ちが残りました。

    掲載日:2008/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • タッチィの初恋

    • すずらんぷさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子11歳、女の子9歳

    オコジョのタッチィの秋のお話しです。これで四つの季節が揃いましたね。この絵本では、タッチィの淡い恋心が描かれています。森の奥でであった女の子、ハーミーちゃんと落ち葉の中でお茶会をしようと計画するタッチィ。毎日少しづつ準備をする中で、ハーミーちゃんに淡い思いを抱いていたのですが、ハーミーちゃんがお茶会に呼びたかった人のことを知って‥‥ハーミーちゃんに冷たい態度をとってしまいます。
    でも、くまくんの助言で、自分にとって本当に大切な気持ちに気づいたタッチィ。ハーミーちゃんが勇気を出すことが出来るように心から応援をするのです。
    読み終わった後、ちょっと甘酸っぱい、懐かしい気持ちを思い出しました♪
    微妙な心の動きは小さい子供にはちょっと難しいかもしれません。文章も長めなので、小学生〜におすすめです。
    秋の風景がしっとりと暖かく描かれている絵も、じっくり味わってくださいね。

    掲載日:2007/10/22

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『なくなりそうな 世界のことば』<br>西淑さんインタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット