大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

一日一話・読み聞かせ おはなし366 前巻」 みんなの声

一日一話・読み聞かせ おはなし366 前巻 作・絵:
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\2,330+税
発行日:1995年10月
ISBN:9784092551015
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,411
みんなの声 総数 3
「一日一話・読み聞かせ おはなし366 前巻」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 毎日のベッドタイムに

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    一日一話、いろんなお話が読めるようにと○月○日のお話と、日付が書かれています。
    よくある読み聞かせ用絵本よりも、バライティに富み、おまじないやなぞなぞなども含まれています。
    お話しはコンパクトにまとめられているぶん、ものたりない分もありますが、たくさんの話がのっているので、毎日どれを読むのか決めるのは嬉しそうです。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子育てママには便利な一冊。

    本の紹介:
    一日一話の読み聞かせというアイディアをもとにした本で、1月1日から12月31日までの366日ぶんのお話がかわいい挿絵とともに掲載されています。 

    一つのお話あたり、1ページか2ページに限りられているので、ゆっくり読んで4〜5分ぐらいかかるでしょうか。

    お話の種類もバラエティ豊かです。日本昔ばなしや世界の有名な童話(イソップやアンデルセンなど)のほかに、生活やおまじないに関するお話や、少し不思議なお話も含まれています。

    個人的感想:
    2歳児に少し早すぎるでしょうか。でも、新しいお話をねだられるときは便利ですね。

    私の子供が2歳のころに初めてこの本を読んでみましたが、そのときのわが子はなんとなく不満げでした。
    というのは、お話自体には登場はしてくるものの、挿絵には描かれていないに登場人物がいるからです。たとえば、お母さんと子供の会話が中心に展開するお話のなかで、その子供の絵は描かれていてもお母さんの絵は描かれていないといった感じです。 その場合、わが子は、「お母さんはどこ」と不思議そうに聞きます。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時間のないおかぁさんに

    • くるりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    2冊セットで、366個のお話が読めるとってもお得な本です。しかも、1月1日から12月31日まで、毎日の日付付き。これなら、読み聞かせの習慣も付きやすいですよね。読む量も1日1ページなら多くないし、絵もかわいくて季節にあったお話になっているので、話がふくらむかも。

    掲載日:2002/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / かくしたの だあれ / さつまのおいも / あおくんときいろちゃん / バスがきました

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット