雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

まっくろスマッジ」 みんなの声

まっくろスマッジ 作・絵:ジョン・ロウ
訳:高橋源一郎
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2000年
ISBN:9784062621526
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「まっくろスマッジ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 最後は、ほっとします。

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    まっくろなネズミのスマッジが、あちらこちらの動物家族に連れ去られ、いろんな動物の生活を体験します。
    自分とは違う家族のなかで、その家族と同じことをして仲間意識をもとうとするようすには、じーんときます。置き去りにされたときは、どんなにかなしかっただろう!スマッジは、自らの過去がどんなに泣きたいできごとの連続であっても、淡々と語るのです。涙一つ見せないスマッジの姿に、感銘を受けました。
    そんなスマッジの最後は、とっても幸せです。きっと、今までの苦労は、最後の幸せのためにあったのでは?と思わせるほど。家族ってすてきだなあって、あらためて思う、いい絵本だと思います。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 邦訳は高橋源一郎さんです。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子7歳

    実は高橋源一郎さんって、大好きな作家さんなんですよ〜。でも最近は小説より、エッセイとか対談どか、翻訳ものが多くて…。私は、源一郎さんの小説のほうが好きだったので、少し遠ざかっていました。まさか!源一郎さんが絵本も翻訳していたとは!知りませんでした。
    嬉しいような、怖いようなで、ドキドキしながらページを開きました。
    「スマッジ」は、繰り返しが多い物語でした。(源一郎さんが好きそうです)
    大きな鳥に突然運ばれて鳥たちと暮らしたり、犬のすみかで子犬の世話をしたり、挙句の果ては魚たちと川で暮らしていたネズミ。それがスマッジです。
    捕食者の鳥たちと暮らしたり、魚のように泳ぐネズミなんてありえな〜い。と思うのに、ふんふんそれで、と続きが気になってしまう、不思議な冒険のお話でした。

    スマッジの、一見干からびているようで愛嬌のある顔は、ちょっと「いわむらかずお」さんの「14匹」シリーズのネズミたちと似ていました。(と、私は思います)

    掲載日:2007/10/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット