なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ごあいさつは すごいぞ」 みんなの声

ごあいさつは すごいぞ 作:きむら ゆういち
絵:いそ みゆき
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1995年
ISBN:9784337093034
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,957
みんなの声 総数 5
「ごあいさつは すごいぞ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ご挨拶をしてほしくて

    • 霧丸さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳

    恥ずかしがりやで、人前でご挨拶をきちんとするのが苦手な息子に、
    ご挨拶をしてほしくて選んだ絵本でした。
    読んでみると、ただご挨拶をする様子が描かれているというだけでなく、
    ここちゃんのりっぱなご挨拶で、狼や、魔女、怪獣までも悪いことができなくなってしまう、という、ちょっぴりユーモラスな展開に、思わず引き込まれてしまう面白さがありました。
    上手にご挨拶ができると、こんなにいいことづくめ!と、挨拶のよさを子どもに楽しく伝えられる絵本だと思います。

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • ごあいさつは大事

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    インスピレーションで絵本選び、下の息子は得意です。
    そんな息子が選んだ本。

    読み始めは、赤ずきんちゃんかな?と思わせる雰囲気?

    ココちゃんは、ごあいさつのしかたを練習しながら
    おばあちゃんちへ向かいます。
    ミミズさんカエルさんに練習ならまだ優しいけれど…。

    ごあいさつで危機から逃れ、
    ごあいさつは大事だと改めて思いました。

    おばあちゃんも元気でおもしろい。
    思わずウフフ☆のお話でした。

    掲載日:2008/11/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • ココちゃん

    7歳の孫と一緒に通っていたココちゃんのことを思い出しています。ココちゃんがとても恥ずかしがりやでもう歩けるようなってご挨拶しているような錯覚です。ご挨拶の練習に夢中になっていて怖いおおかみさんにだって丁寧にご挨拶をしておおかみさんがたじたじになっているところがよかったです。

    掲載日:2014/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑顔が、最高の決め手

     おばあちゃんのうちにひとりでいくことになったココちゃん。

     「…おばあちゃんに ちゃんと ごあいさつを するのよ。」とかぜをひいたお母さんに言われたココちゃん。
     
     道すがら、ご挨拶の練習相手を見つけては、「こんにちは、わたしココです。」「おかあさんが よろしくって。 では さようなら。」ってご挨拶。
     オオカミににあっても、魔女にも、…。

     ご挨拶のパワーってすごい!
     ココちゃんが怖がるどころか、練習に夢中なあまりの丁寧な挨拶に、怖〜いものたちのタジタジのリアクションが面白かった。
     特にココちゃんの笑顔が、最高の決め手のようでした。

     ココちゃんに興味をもった、怖いものたちがココちゃんを尾行して最後に恐怖のトドメをさされるシーンは、爆笑ものでした。

    掲載日:2010/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいあいさつの絵本

    一人でおばあちゃんちに行くことになったココちゃん。お母さんから、ごあいさつの仕方を教わります。

    道中で、いろいろなものであいさつの練習をします。みみず・かえるぐらいはいそうですが、おおかみ?魔女?怪獣?とこれはありえないだろうというようなものがどんどん登場します。一体どんな道を通ったのでしょう?という感じ。

    毎回、丁寧なあいさつをするココちゃん。それもちっとも動じることもなく怖がることもありません。この辺は、最近読んだ「おばけやしきへようこそ!」の女の子を思い出しました。

    さて、ココちゃんは無事におばあちゃんちに着いたのでしょうか?

    これでもかというぐらい、あいさつの大切さを教えてくれる本です。

    しつけ絵本の部類に入るのでしょうが、きむらゆういちらしいユーモアセンスたっぷりのお話で、おもしろかったです。

    掲載日:2007/10/03

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット