しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

わたしぶね」 みんなの声

わたしぶね 作:林原 玉枝
絵:野村誠司
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2005年
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,628
みんなの声 総数 7
「わたしぶね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • フェリーが道なんですね

    「かがくのとも」の1冊です。
    瀬戸内海の島と陸を結ぶ、フェリーの一日を追ったお話です。
    陸からちょっとだけ離れた島。ほんの4分の船旅。
    でも、船がないと人々は渡れないんです。
    通勤する人、お買い物する人、郵便配達の人、、、
    ここに住むさまざまな人にとって、フェリーは「道」なんですね。

    船といえば、観光地での遊覧船くらいしか乗ったことのない息子は、日常生活に船が切り離せない生活がある、ということにびっくりしていました。
    こういう船にも、息子と一緒に乗ってみたいです。

    掲載日:2010/11/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • いってらっしゃい おかえりなさい

    「いってらっしゃい」「おかえりなさい」と、御馴染みさんがいつも挨

    拶を交わす「わたしぶね」に、ご近所さんのような関係がいいなあって

    思いました。

    面倒見がよくてとても親切などこか懐かしいような気持ちになりました

    人びとの生活の足になる「わたしぶね」に、一度乗ってみたくなりまし

    た。旅行客にでも、きっと親しく挨拶をしてくれそうです。

    掲載日:2010/03/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • かがくのとも

    かがくのともが好きなのでこの絵本を選びました。港の雰囲気をとても良く伝えている表紙が素敵だなと思いました。詩のように流れる文章が美しくて気に入りました。渡し船がいかに人々の生活に役に立っているかを分かり易く伝えているのが良かったです。人々の安心した穏やかな表情もリラックスできました。

    掲載日:2010/02/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 今度は乗ってみようね

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子9歳、女の子8歳

    広島県尾道と向島をむすぶ渡し船カーフェリーの1日が舞台です。
    尾道にラーメンを食べに行った時に見た事があったり、
    地元のテレビがよくうつす映像なので、ピンときた様子。
    ただ、乗った事がないので、わずか4分の船旅という事に驚いていました。
    今度は実際に乗って、体験してみたいです。

    掲載日:2007/10/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心あたたまるわたしぶねの一日

    • 夜の樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    瀬戸内の「わたしぶね」の一日を描いた絵本。

    一見地味そうな絵本ですが、のんびりとしたわたしぶねの一日を見ていると心があたたまります。
    3歳の子供にもその魅力は伝わったみたい。
    親子で実際にわたしぶねに乗ってみたくなりました。

    「かがくのとも」シリーズなのでもう購入できないのが残念です。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が素敵

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子5歳、男の子2歳

    古本市で見つけて購入しました。
    油絵のようなタッチで、一見写実的な中に、
    人間や鳥などの生き物は、なんだかデフォルメされててマンガチック。
    その混在している絵がなんとも魅力的です。

    橋のない島では、フェリーが人々の「道」なんですね。
    たった5分の船旅でも、橋がなくて泳いで渡るわけにもいかないので
    船が必要不可欠なはずです。
    車や自転車もまるごと乗れます。
    常連さんもいるし、カモメたちも魚を持っている人を覚えてしまうくらいなんですね。

    我が家が住んでいるところでは、海が近くにないので
    こんなに船が日常的に使われているところがあるなんて
    信じられないくらいです。
    長男も、絵本の中だけの話だと思っているっぽいので
    本物を見せてやりたいなぁ。

    掲載日:2011/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 体験してみたい

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    5歳と3歳の子供達に読みましたが、隣で聞いていたフランス人の夫の方が興味を持って聞いてくれました。
    フランスのブルターニュ地方で乗ったことのある渡し舟に似ていますが、そこでは船長さんはぶっきらぼうな人でしたので、この絵本の船長さんや周囲の人々に温かさを感じました。次は日本で乗ってみたいと思います。子供たちには渡し舟に乗った直後に読んであげると、もっと興味を持ってもらえたかなーと思います。

    掲載日:2011/05/27

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット