アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ビアトリクス・ポターのおはなし」 みんなの声

ビアトリクス・ポターのおはなし 作・絵:ジャネット・ウィンター
訳:長田 弘
出版社:晶文社
本体価格:\1,800+税
発行日:2006年
ISBN:9784794920430
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,185
みんなの声 総数 2
「ビアトリクス・ポターのおはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ピーター・ラビットの背景

    伝記絵本を調べていてわかったことなのですが、この本の作者ジャネット・ウィンターには、他に『ワンガリの平和の木』『私、ジョージア』『いつもみていた ゆめをかなえた女の子ジェーン・グドール』『バスラの図書館員 イラクで本当にあった話』といった伝記絵本があります。

    ジャネット・ウィンターは伝記や実話を中心に描く絵本作家といえるでしょう。

    さて、この作品の主人公であるポターは、豊かな家に生まれましたが、幼少期はほとんど外界との接触はなく過ごします。

    そのことからか小動物や絵に興味を示す少女に成長しました。その特異な生い立ちからピーター・ラビットが生まれたというのはとても納得できるものでした。

    『ないしょのおともだち』という絵本がありますが、ポターがねずみと友だちのように接しているのを見てその絵本のことを思い出しました。

    小さめの絵本なので、大勢の読み聞かせには向きませんが、ピーター・ラビットのシリーズを読んだらこの本も併せて読んでみるとよさそうです。

    掲載日:2013/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像からかけ離れたポターの少女時代

     ノンフィクションものを手がけられる事の多いウィンターさんが、絵本作家ビクトリア・ポターが、「ピーターラビット」を生み出すまでを丁寧に描いています。
     カバー折り返しにもあるように、まさにこの作品は“新しい伝記絵本”と呼べるものだと思います。

     ポター自身の手紙と日記に基づく、彼女の生涯の様々なエピソードに拠るものだそうです。

     利発で動物好きで観察眼も鋭く、絵を描くことにも才長けていた少女時代のポター。
     語られている文の端々に見え隠れする仕事で忙しかった母への憎悪にも似た不満・娘の画才を伸ばそうと教師をつける教育熱心な父親への冷めた眼差しにも、幼いながら自己確立のできていた人なのだと驚きました。
     およそ私の想像していたポターの少女時代とはかけ離れたものでした。

     彼女の中の孤独を埋めるようにして飼われた野うさぎとの出会いから、後半の人生までが丁寧に語られています。
     
     大人の方向けだと思います。

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大きなクスノキには生き物たちがいっぱい!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット