あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

おばけのソッチ1年生のまき」 みんなの声

おばけのソッチ1年生のまき 作:角野 栄子
絵:佐々木 洋子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1983年
ISBN:9784591010990
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,660
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ロングセラーですね!

    角野栄子さんの「おばけの〜シリーズ」は,それこそ親の私が小学校低学年の頃からある絵本で私自身も読んできたシリーズでもあります。
    楽しくて面白かった本だったと今でも覚えています。
    ぜひ我が娘にも近い将来一人読みしてほしいシリーズですね。
    特にこちらの本は,小学校1年生や入学を前にした年長さんにぴったりですね!

    掲載日:2015/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1年生になりたい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    おばけが小学校に通うとなると尻込みしてしまう先生が多いというのも分かる気がします。
    私もおばけと聞くとええーっとなってしまうでしょう。
    ソッチの姿を見たら、おばけへのイメージは変わりそうですが。
    おばけが1年生になるのもたいへんですね。
    あめやのおばあちゃんがお茶目だと思いました(笑)。

    掲載日:2014/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一年生の娘に

    一年生になったばかりの娘に読みました。
    おばけのソッチ、一年生になることの心待ちにしている
    様子がとても伝わり娘と重なりました。
    あめやのおばあちゃんが、小学校に入学させてくれと
    お願いに行く姿は、気持ちが温かくなります。
    学校での生き生きしたソッチがかわいいです。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憧れの一年生

    一年生になりたいという絵本は
    よく目にしますが、この本の
    中では、おばけのソッチが、
    一年生になりたくてなりたくて
    あめやのおばあさんと共に、
    小学校までお願いしに行きます。
    一年生っていうのは、特別な
    感じがしてわくわくしてしま
    うのかしら?
    最初は「おばけなんて」と言って
    いた先生達も、すみれ先生の
    助言などにより、それならば、
    と晴れてソッチも一年生になりま
    す。
    優しくて柔軟性のある先生がいて
    よかったなあと思いました。
    ・・・でも本当に一年生になりた
    かったのは、もしかしてあめやの
    おばあさん?(笑)

    掲載日:2013/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけはたいへんだなとおもいました

    おばけがいたのでびっくりしました。

    とてもびっくりしたのは、なんかできないと、おばけのねんれいが一つさがっちゃうところです。

    おばけはたいへんだなとおもいました。

    びっくりしたところは、あめやのおばあさんといぬとねこが一年生になっちゃったからです。

    おばあさんが、がっこうにいくのって、おどろきました。

    おばけのソッチががっこうにいたら、たのしそうです。

    ぼくも、ソッチにあってみたいなっておもいました。

    掲載日:2009/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新一年生さんにもおすすめです。

    小さなおばけシリーズは、息子が好きなシリーズです。

    ソッチが女の子というくだりで、「ソッチって女の子だっけ」と言う私に、「アッチが男の子だって」とすかさず訂正する息子。そうなんですね。初めて知りました。

    先に、読み始めた息子が、「あっ、落書きがしてある」と私に見せたのは、ソッチが字を練習していた場面です。

    私にも落書きに見えたのですが、練習とわかって、二人で顔を見合わせてクスクスしてしまいました。

    息子が同情していたのは、おばけはできないことがあると、年齢が戻ってしまうこと。「大変だな」って言っていました。

    厳格な校長先生が、ステレオタイプであるのに、笑ってしまいました。

    題名に一年生とついていることもあって、息子はとても親近感がわいたようです。

    読みやすいこともあって、最近では一人で読んでいます。新一年生さんにもおすすめです。

    掲載日:2009/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学生になるのが待ち遠しくなる

    昔、この小さなおばけシリーズはまっていた私。
    旦那もそうだったらしく、
    今は年長の息子がこのシリーズにはまっております。

    今回は、小学校に行きたいソッチのお話。
    4月から小学校に通う息子には、ちょうど自分のワクワク感と
    ソッチの気持ちがダブるらしく、
    とってもお話に惹かれていました♪
    早く小学生になりたいなあ〜という気持ちが倍増したようです。

    そして、こんなふうな楽しみがあったならば・・・
    と、実はかなりのおばけ嫌いなのに、
    (暗いからついてきて〜というくらい暗いところが苦手な息子です)
    こんな楽しい小学校いきたいと思ったようです(笑)

    掲載日:2007/10/08

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット