おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

おしゃべりな毛糸玉」 みんなの声

おしゃべりな毛糸玉 作:沢田 俊子
絵:小泉 るみ子
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年01月
ISBN:9784580800069
評価スコア 4.25
評価ランキング 13,916
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 現在と過去をつなぐ毛糸玉

     この間、実家に行ったときのこと。娘が突然「編み物をしたい」と言い出し、母が押入れの奥から毛糸の入った大きな袋を出してきてくれました。どれも残り毛糸ばかり。しかも何度も何度も編み直した毛糸なので、色あせて、細くなってしまっています。
     でも、この絵本の中のおばあさんと同じように、
    「これは、○○ちゃんのカーデガンを編んだ毛糸。こっちは、○○くんのセーター・・・」と、とってもうれしそうに、なつかしそうに話す母。
    おばあさんのしあわせそうな顔と、母の顔が重なり、胸がじーんとなりました。

     おじいさんと過ごした日々を懐かしむおばあさん。私たちの幼少の頃の思い出に目を細める母。
    おばあさんは、その毛糸で肩掛けを編み、母は、孫のリクエストに応えて、小さなバッグを編んでくれました。たった1本の毛糸が、過去と現在をつないでくれているんですね。

     とても、とても、あたたかく、しあわせな気持ちになれる絵本です。物を大切にする心も子どもたちに伝えたいですね。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心温まるいいお話だ…。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    私は編み物縫い物の類が一切出来ないのでおばあさんのように思い出がたくさん詰まった肩掛けを編む事も出来ませんが、旦那様が私のクリスマスプレゼントに編んでくれたマフラーを久しぶりに巻いてみるかな、といった気持ちになりました。

    掲載日:2014/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寒がりで冬嫌いのおばあさんが、家にあるあまり毛糸で
    セーターを編もうと思ったら足りなくて肩掛けに。
    でもあまり毛糸をつないでつないで編んでいたら
    それぞれの毛糸の思い出があふれ出してきて
    楽しい気持ちになるんです。
    それがなんともあたたかいストーリーでした。
    その肩掛けをしていると、思い出が語りかけてくれるんです。
    いいなあ。すてき!
    おかげで、嫌いな冬も楽しくすごせたおばあさん。
    冬が終わるとまた毛糸をほどいて毛糸玉に戻します。
    ちょっと古臭い感じもしましたが、
    ほどいたりまた編んだりできて
    エコでもある編み物、寒い冬に読むにはぴったりでした。

    掲載日:2014/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毛糸につまった素敵な思い出

    山のふもとの一軒家に一人で暮らしている、うめばあさん。
    とっても寒がりのうめばあさんは、冬が来るとゆううつになります。
    家の中を充分温かくしても、セーターやスカートを重ね着して、帽子をかぶってマフラーを巻いても、まだ背中のあたりがすうすうします。
    そこでうめばあさんはあちこち探して毛糸を集め、肩掛けを編み始めますが…?

    つなぎ目だらけで色もちぐはぐ、太さもまちまちの毛糸でしたが、すごく素敵で暖かな肩掛けが編みあがりました。
    それは毛糸一本一本にこもった思い出のおかげ。
    ひとりぼっちの寒さに慣れていたうめばあさんを、たくさんの思い出が取りまいて、なつかしい人達が語りかけてきます。

    人けの少ない部屋って、それだけで寒々するもの。
    でもうめばあさんには、あふれるほどたくさんの人達との思い出があったんですね。
    読んでいて、なんだか胸が熱くなりました。

    春が近づき肩掛けからのおしゃべりが聞こえなくなると、おばあさんは肩掛けを丁寧に洗って干し、ほどいてまいて、また大きな毛糸玉を作ります。
    その次の年はたくさんの思い出と語り合いながら、どんな素敵な小物が編みあがるんでしょう。
    つながれた毛糸が、うめばあさんの過ごしてきた人生と同じように大事なものに感じられる絵本でした。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春になったら消える声

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    冬から春に移り変わる頃に読むと雰囲気ぴったりです。
    山のふもとの一軒家に住むうめばあさんは一人暮らしなのです。
    寒がりのうめばあさんは、ある冬、あまりの寒さに、毛糸でセーターを編もうとします。
    家のあちこちから見つけてきた毛糸をつなぎ合わせて、やっと編み上げた肩掛けは、
    それぞれの毛糸に込められた思い出を蘇らせるのです。
    しかも、懐かしい人々とのおしゃべりもできたのです!
    でも、春が来て暖かくなると、その声は消えてしまうのですね。
    冬のアイテム、毛糸玉の造形が素敵でした。
    心がほっこり温かくなると思います。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い出を編みこんで

    なんて素敵な肩掛けなんでしょう。
    思い出を編みこんで、人のぬくもりを感じます。
    これは、おばあさんにしか作れない、世界でたった一つの肩掛けでしょう。
    年齢を重ね思い出を積み重ねたからこその、編み物なのだと思います。

    掲載日:2012/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  •  いつかゆっくり読みたいと思っていた作品です。

     山の麓の一軒家に一人暮らしをするうめばあさん。
     野菜やお花を育て、蔓で篭を編み、布でパッチワークも。
     お料理も得意なうめばあさんは、日々の生活になにやかや楽しみを見つけながら、毎日変わる山の景色を眺めながらのんびりと暮らしていました。

     寒がり屋なおばあさんは、冬が苦手。
     何枚重ね着しても暖かくなりません。
     そんなおばあさんが、ひらめきました。
     全身をくるんでしまえるような大きなセーターを作る事を。
     古い毛糸玉が少しずつ、でもそれをつなぎ合わせおばあさんの編み棒は動き始めました。
     
     ここから素敵ですねぇ〜。
     古い毛糸一つずつに思い出があって、おばあさんをその頃へ連れて行ってくれています。
     幸せそうに編んでいる様子が、ホントほんわかな気持ちにしてくれます。
     さらにジンワリしてしまったのは、完成品から聞こえる懐かしい人々の声。
     そしておばあさんは寒さを・・・。

     物を大切にする心が、おばあさんを温めてくれたんでしょうね。

    掲載日:2011/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い出がたくさん!

    4歳1ヶ月の息子に読んでやりました。思い出のたくさん詰まっている、でもちょっとずつしかない毛糸をつなぎ合わせて作ったベストが、おばあさんを楽しませてくれます。ちょっと裁縫をするので、はぎれが沢山残ってしまいますが、それらが様々な思い出や記憶を思い出させてくれるのと同じ。なんだか、とっても心豊かになれます。母いわく、そうやって思い出の沢山詰まった布を少しずつつなぎ合わせていくから、パッチワークは思い出の宝なんだよ、と。きっとおばあさんもそんな思いを沢山したんだろうな、と思いながら読んでいました。さすがに息子にはまだ理解できない域ですね。

    掲載日:2011/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い出のいっぱい詰まった毛糸玉

    おしゃべりな毛糸玉  タイトルのかわいらしさに惹かれました

    うめばあさんは 寒がり 冬になると 着ぶくれし毛糸玉のようになっているの(笑えてきます、 本当 うごくのも おっくうだわね)

    毛糸  いろんな 思い出のつまった毛糸を編んでいるといろんな 思い出が次々と現れるのです
    これは うめばあさんにしかわからない  思い出!

    かたかけを編むのです たからもの  うめばあさんだけの
    とっても しあわせ 

    このおはなしで うめばあさんの しあわせを おすそわけしてもらえました

    一人暮らしの うめばあさんは しあわせな 生き方しているな〜と思いました


    ものを大切にする心の あたたかさ 豊かさを 感じました

    寒い冬にピッタリのお話でした

    掲載日:2011/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • エコですね

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    おばあさんが古い毛糸で編み物をします。
    そのうち、その古い思い出がよみがえってくるというお話でです。
    とても情緒的なストーリーだなーと思いました。

    古いものを大事にしながら、新しい作品が出来上がるのは
    今のエコの時代にぴったりですね。
    でも、子供にはこのお話の良さが伝わりにくいかな・・
    なので星一つ減らしました。

    掲載日:2010/12/23

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット