庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

まってる」 みんなの声

まってる 作・絵:森山 京
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年
ISBN:9784032321906
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,680
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 気長なぶたくん最高!

    「ぶたくん、ここで 待っててよ。じき 戻るから」とうさぎさんに言

    われて、うさぎさんが帰ってくるまで待ち続けるぶたくんです。

    うさぎさんの言った言葉を信じて疑わない、ぶたさんの気長さは最高で

    す。ぶたくんは、退屈なんかしないで、蟻さんの行列を眺めていたり、

    木の葉が風にそよぐ音を楽しんだりと、ちっともイライラしないで待ち

    続けるぶたくんに感心しました。

    一方、うさぎさんは、すっかり約束を忘れてしまってお友達とも遊んで

    しまったのですが、気がついてからはすぐにぶたくんに謝ろうとして

    ぶたくんのところに飛んでいったのがよかったです。

    だれにでも過ちはあるものだから、やっぱり気がついたときに直ぐに謝

    るのが当然ですがいいと思いました。長い長い時間がたってしまいまし

    たが、約束が守られて本当によかったと思いました。私もよく忘れるよ

    うになったので気をつけたいと思いました。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • のんびり

    友達を待ち続けている、ぶたくんです。
    正直に言って、私だったら、ぶたくんみたいに待ち続けられないなぁ・・・
    とにかく、ぶたくんの心が素敵でしたね。
    「待つことも悪くないかも」と、考えると気持ちにゆとりができますね。

    掲載日:2014/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶたくんになれるかな??

    ぶたくんとうさぎくんが一緒に遊んでいるのですが、
    うさぎくんは用事を思い出し、一度おうちに帰ります。
    そして、なんと、そのまま、ぶたくんのことを
    忘れてしまうんです!!
    夜になってから気づいてぶたくんのもとに行くのですが、
    怒って帰ったと思ったぶたくんは、そのまま待っていて
    くれたんです。しかも、怒りもせず・・・。

    なんて大きな心を持ったぶたくん!!
    のんびりとした、おおらかな気持ちを持つことの
    大切さを教えてもらいました。
    でもでも、実際にこんなことされたら、やっぱり
    怒っちゃうかもーーー。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶたくんかわいいね

    私は誰かを待つのが大好きです。
    待っている間に退屈なんてしません。
    いつでもどっさり「本」だの「編み物」だの、自分でやりたい
    ものを抱えているからです(笑)。
    ただ、ながーい間、それこそ朝から晩まで待つことができるのは
    相手が遅れる理由がわかっている場合、だけかも。

    でも、ぶたくんは、そういうものはなにひとつ持たないまま
    すぐ来るはずのうさぎくんが、全然来ないのに、気にすることなく
    一日中待っていたんだねえ。
    すごいなあって思いました。
    うさぎくん、あんまりじゃないかなあ。
    ぶたくんのことを忘れて他のお友達たちと遊んでいるなんて。
    これが、気長に待てるぶたくんでなかったら、喧嘩になったり
    最悪、お友達でいるのをやめてしまったりしそうに思います。
    ちっとも来ないことで、心配もするだろうしね。
    事故にでもあったのじゃないか?突然の病気で倒れたりして
    いないか?って。
    つい妄想してしまう私がぶたくんの立場だったら、「ウソつかれ
    たのかも」「自分のことを大切にはしてもらってないのかも」と
    思って泣いてしまうかもしれません。

    うさぎくん、気がついて、あやまりに行ったからよかったけれども。
    うさぎくんは忘れっぽいこなんだね、きっとね。
    そもそも最初から「はたけにみずやるのわすれてる」くらい
    だものね(笑)。
    たぶん、ぶたくんはうさぎくんのそんな性癖もわかっているのだ
    ろうなって思います。
    でも、ぶたくんになることはあっても、うさぎくんのような人には
    ならないようでいたいなあと思います。娘にもそうあってほしい。

    娘は、しかし、私のようにうさぎくんのことを特に悪く思うでも
    なく(笑)。
    ぶたくんも、うさぎくんも、小さな子どもにとってはどちらも
    似たようなものなのだろうな。待たせていることも忘れたり、
    待っていることも気にせずひとりでぽわっとしていられるのだろうな。

    掲載日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもたちの心に届く気持ち

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    森山京さんのお話も心があったかくなるものが多くて好きです。
    イラストは渡辺洋二さんが描かれています。
    この絵本は全体を通して黄色や緑系の色をたくさん使われています。
    ぶたくんが長い時間待っていたことも考えると、春の暖かい時期をイメージされているのかな〜と、思いました。
    アリの行列とかも春から夏にかけてよく見かけますもんね。
    字も絵も大きくて読みやすいです。
    大人としてはぶたくんの懐の大きさを羨ましくも尊敬してしまうのですが、これを読んであげたとき、子どもたちの心には、どんな気持ちが芽生えてくれるか、ちょっと楽しみです。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひたすら待つぶたくん

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    うさぎくんに「話したいことがやまほどあるんだ」と言われたぶたくん。一緒に木の下に座りますが、「畑に水やるの忘れた。ここで待っててね。」とうさぎくんはいったん家に帰ってしまいます。
    ひたすら待つぶたくんですが、うさぎくんはすっかり忘れてしまい、くまくんやきつねくんと遊んだりごはんを作ったり。
    ぶたくん、なんて気が長いのでしょう。いらいらもせず、やっと来たうさぎくんに「待っててよかったよ」なんて。なかなか言えるセリフではありません。
    約束を簡単に忘れてしまったうさぎくんと約束をしっかり(すぎるほど)守ったぶたくん。
    けっこう年齢の高い子でないと、この絵本から何かを感じ取るのは難しいだろうな、と思いました。
    娘は「で、話したいことって何だったの?」とそこが気になってしまって、消化不良の様子でした。

    掲載日:2010/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなにまてる!?

    • ねーねーさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子14歳、女の子13歳

    1年生の読み聞かせに使用しました。
    似たような事が日常的にあるんじゃないかと思いまして・・・

    ぶたくんをなが〜いこと、またせてしまったうさぎさん

    待たされた事も待たせてしまった事も多分あるはずなのに、
    意外に自分が待たせた事は時間が経つと忘れてしまうかも。
    これは大人の間でもあることです。
    むしろ、大人同士だと、難しいことに発展してしまう可能性もアリ。

    子ども達は感想で、自分も待たされて嫌だったことや、
    待たせてしまったけれど、ごめんねが言えなかった事を話してくれて
    この本を選んで良かったなと思いました。

    大人のわたし達も、ぶたくんのような大〜きな気持ちでいたいものです。難しいですが(−。−;

    掲載日:2009/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶたくんみたいに待っててね

    • UIさん
    • 20代
    • その他の方
    • 神奈川県
    • 姪4歳、甥1歳

    ある日道端でばったり会ったぶたくんとうさぎくん。
    おはなしをしようと座りますが、
    はたけにお水をやるのをわすれてたうさぎくんは
    じき戻ってくるからまっててねとぶたくんと約束し家へ帰ります・・・。


    この本を一緒に楽しんでしばらくした日
    姪っ子が言いました。

    『ちょっとまってて、すぐもどってくるから。
    ぶたさんみたいにまっててね』

    それを聞いた絵本のことをしらない家族は
    『???』
    『ぶたさんみたいだなんて失礼ねぇ』なんて勘違いまで生まれてしまい大笑いです。


    それからも、『まっててね』の時はいつもこの台詞を言うようになりました。

    その台詞を言われるたびに
    ありの行列や、満点の星空を見ながらずっと待っててくれたぶたくんのように
    『どこにもいかないで、ちゃんとそこでずっと私のことまっててね』
    と言われているようで、なんだかきゅーん・・・

    『まってるよ、ぶたくんみたいにずっとずっとまってるから、はやく戻って来てね』
    と幸せ気分で答える毎日です。

    掲載日:2007/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶた君最高

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    ぶたくんと道でであったうさぎくんがいいました
    「ぶたくんここでまっててよ、じきもどるから」
    「うん、まってるよ」とぶたくん・・・

    うさぎくんを待っている間にぶたくんはありの行列を見つけたり、木の葉の風に揺れる音を聞いたしてとうとうゆうやけになってしまいました・・・

    「うさぎくんおそいなぁ」



    なんだか切なくなるお話でした。こどもの約束ってこんな風なの多いんじゃないかな??

    みんながぶたくんみたいに優しいといいのになぁ・・・
    きっといじめはおこらないよね。
    わが子の友達にもぶた君がいたらいいなぁ・・と心から思います。
    わが子にもぶた君のように人をちゃんと信じれる子、約束を守れる子になってほしいと・・・願います。

    せつないけど・・読んで聞かせたいお話でした。

    掲載日:2007/10/10

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット