しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

きみ と ぼく」 みんなの声

きみ と ぼく 作:今江 祥智
絵:長 新太
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年07月
ISBN:9784776402480
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,210
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お互いを尊重し合っている

    おしゃべりなシロサイ=ライノとちかめのサイトリ=ジーナは仲間と合わず、お互い相性がいいはずのサイトリ、サイ達にもそっぽをむかれ、いつも独りぼっち。

    ライノもジーナもそれはそれでよかったのですが、ひょんなことから2匹は一緒にいることになりました。他のサイとサイトリのように都合がいいためだけにただ一緒にいるのではなく、互いを尊重して守り合っている絆がありました。

    子どもにもサイノとジーナのような繋がりを理解して、もってもらえたらいいな、と思いました。

    心地よい爽やかな気持ちになる本でした。

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしゃべりのシロサイと、目の悪いサイトリの、
    思いやり溢れるお話。
    そんな特徴から、どちらもお友だちがいなくて、
    一見さみしそうな二人に思えるけれど、
    決してそうは映らない。
    しかも最後にはそんな二人が大活躍!

    シロサイの、自分の個性を受け止めながら、
    他のものに対してもおおらかな姿には、
    妙な心の強さや魅力が感じられる。
    読んでいて、自然と自信や優しさが溢れてくる。

    絵本から童話への橋渡しに良さそうな一冊。
    長めだけれど、二人の思いやり溢れるやり取りに心奪われ、
    つい引き込まれて読んでしまった。

    掲載日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供だけに読ませるにはもったいない

    水場を目指したシロサイのライノが何度か「もう駄目だ」という場面に追い詰められながら、生命の綱を手繰り寄せて最後には助かるシーンを読み返して何度も感動を反芻しました。危機に瀕したまさかの時に「ちょっとおしゃべり」という普段はマイナスに見られていたライノの性格が仲間を勇気付ける言葉となり、危機から救いました。サイを密猟する悪い人間がいる一方で、動物を助ける人間もいて、人間も案外捨てたものでは無いという前向きな気持ちで読み終える事が出来たのは良かったです。長新太さんの絵は、私は普段苦手としていますが、この絵本だけは例外で、彼の良い部分が最も表現された作品だと思います。

    掲載日:2009/11/09

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / ふしぎなたまご / タンゲくん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット