十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

かき」 みんなの声

かき 作・絵:矢間 芳子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\838+税
発行日:2004年
ISBN:9784834019520
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,692
みんなの声 総数 6
「かき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 柿の実の食べ方

    このお話にはいろいろな方法を使って下記の渋を抜いて、おいしく食べる方法が載っていました。うちの子も小学3年生の時に学校で柿の渋抜きを体験してきていたらしく、この絵本を見ながら「このやり方僕もやったよ!」とうれしそうでした。ほかの渋抜きの方法も知らないものが多くて勉強になりました。

    掲載日:2017/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らなかったことたくさん!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    5歳の娘と読みました。

    すっごくシンプルな絵本ですが、すっごくためになる素敵な絵本。
    あまがきとしぶがきの違い、
    しぶがきを甘くする方法。
    私も知らないことがほとんどでした。

    5歳の娘は、
    「わたし、いままで、カキの黒いところ、嫌いだったんだ。
     でもあの黒さが、甘さのひみつだったんだね。
     これからは、黒いところいやーなんて言わないで、
     おいしく食べるね。」

    と、一人神妙に反省してくれました。
    今まで誤解を受けて娘に嫌われていた柿、これで名誉挽回です!
    よかった・・・!

    黒いところが甘いところなんて
    実は私も知りませんでした。
    次の秋が今から楽しみです!

    掲載日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもわず 「へー!」

    • ぽにょさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子5歳

    『かき』って言うから、柿の実のなり方とかかな?と思ったら大間違い。
    渋柿を甘くする方法や、干し柿の作り方まで書かれていてびっくり。
    渋柿って、干し柿にするしかないと思っていたので、こうやって甘くすることが出来るんだと感動してしまいました。

    子供の興味だけでなく、大人の興味もそそらせる1冊でした。

    掲載日:2010/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • かがくのとも

    かがくのともが好きなのでこの絵本を選びました。美味しそうな表紙の柿の描き方が気に入りました。甘い柿と渋い柿の違いを分かり易く説明しているのが良いと思いました。渋い柿でも美味しく食べる方法を色々解説しているのが配慮があると思いました。様々な柿のレシピが登場するので実際に作ってみたくなる絵本です。柿の葉っぱも無駄にしない方法がとても勉強になりました。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばちゃんの木

    孫にとっておばちゃんの木が、柿木です。

    おばちゃんが、生まれた時に植えた木が居間から見えます。

    孫は何故だか、みかんを「柿」と言うのです。

    みかんと柿の違いを覚えてもらいたくて、図書館から借りてきました。

    「柿」の表紙を見て「柿」と言ったので、ほっとしました。

    みかんは、本物をみせても「柿」でした???

    リアルな柿の絵が美味しそうです。

    渋柿の食べ方が勉強になりました。

    若葉の季節に、柿の葉茶を作ってみようと思います。

    とても学べる絵本です。

    掲載日:2009/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 甘い柿のつくり方

    私が子供のころ、おばの家に柿の木がありました。いとこたちと一緒に柿を収穫しました。おばは、へたのところに焼酎をぬって「一週間後に食べなさい」と持たせてくれました。そんなことを思い出しながら、ページをめくりました。
    私は収穫の時以外は、柿の木などろくにみていませんでした。この本を見て、柿の花や小さな実がとてもかわいいことに気付きました。もっとしっかりみておけばよかったな、と思いました。葉っぱにも栄養があるんですね。

    柿が色づくと鳥が来て困る、とおばは言っていました。この本にも、鳥たちが柿を食べているところが描かれています。
    鳥だって甘い柿が大好きなんだろうな、とほほえましくなります。
    柿のしぶの抜き方や葉っぱの利用法など、実用にも役にたつ絵本だな、と思いました

    おばは、柿の実をひとつだけ木に残していました。あれは、なんのしるしだったのでしょう。

    掲載日:2007/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ヨシタケシンスケさんがトホホな新米父を描いた育児マンガ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット