庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

サバイとピリィ ほしのともだち」 みんなの声

サバイとピリィ ほしのともだち 作・絵:はぎのちなつ
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年08月
ISBN:9784893252821
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,104
みんなの声 総数 6
「サバイとピリィ ほしのともだち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • プリンきのこ

    子供は、お話の始まりの「きのこ」に食いつきました。
    チーズ・マシュマロ・プリンのきのこ???
    絵から、プリンきのこは、しっかり見つけていましたよ。
    かわいい絵柄は、子供が好きです。

    お話の中で、たくさん「ありがとう」という言葉が出てくるので、読んでいて優しい気持ちになれそうでした。

    掲載日:2012/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかく絵が素敵

    ワニとヒヨコというユニークな仲良し2人組。
    違う星の言葉が通じないニニカとお友だちを通して大切なことを学びます。

    カラフルで丁寧な自然描写は相変わらずステキです。
    絵のタッチや色使いなど、子供だけでなく大人も一緒に見て楽しめる良い絵本だと思います。我が家では娘より私のほうがお気に入りかも。
    存在感あふれる画面が空想の世界をより魅力的なものにしています。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 星のお友達

    迷子のニニカのお家を必死で捜すサバイとピリィの優しさが伝わってき

    ました。言葉の壁ってやっぱり重要ですが、心は通じるものだと思いま

    した。ニニカを必死で捜す仲間たちも人間界と同じなので安心しました

    きのこの名前が面白くて微笑んでしまいます。

    チーズきのこ、マシュマロきのこ、プリンきのこ、くすりきのこ、しゃ

    ぼんきのこと楽しくなるユニークな名前が面白いと思いました。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鳥?ちょうちょ?

    先日同じシリーズの「サバイとピリィ ふたりのたんじょうび」を読んで、娘がとても気に入ったのでこちらも読んでみました。
    今回のお話は、サバイとピリィが不思議な迷子に出会うお話です。言葉が通じなくて、色々な人達に聞いて回りますが・・・。

    今回も不思議な植物が盛り沢山。「チーズきのこ」に「マシュマロきのこ」に「プリンきのこ」なんて変わったキノコも登場します。
    言葉は全く通じなくても、サバイとピリィの優しさは伝わったようですね。
    娘はニニカという不思議な迷子が、結局何だったのか、物凄く気になっていました。「ちょうちょかなぁ・・・鳥かなぁ・・・」と。
    絵を見ているだけでも面白いらしく、娘も1人で絵本を開いてじっくりと眺めていました。

    掲載日:2010/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 合言葉はタリー!

    サバイとピリイのシリーズがわが家の定番になったある日、
    パパがお土産で買ってきてくれたこの絵本。
    またまたなんとも不思議な生物登場。
    なんだこれーといいながら、
    早速パパに読んでもらっていました。
    かわったきのこがたくさん出てきたりして
    最初から食い付きがよかったです。
    ニニカという名前も、不思議な響きで
    気にいったようです。
    なんといっても、
    最後に出てくる「タリー!」という掛け声。
    迷子になっていたニニカを迎えに来た仲間が
    飛び立つときにかける声なのですが、
    わが家で大流行。
    何かというと、パパが
    「タリー!」と叫んで二人で大笑いしています。
    へんな二人です。

    掲載日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい仲間を訪ね歩く!

    サバイとピリィは今回は森で不思議な友達と出会います。
    でも言葉が通じない・・・。
    この子が誰かを探して歩く3人のたびが始まります。

    たびの途中で訪ね歩く仲間達も
    とてもユニークでかわいい。
    色鮮やかですみずみまで細かく描かれた絵を
    甥っ子も食い入るように見つめています!

    ストーリーもかわいくて読み終わると
    「もう一回!」の連発です。

    掲載日:2007/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット