雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

「ねぇ、キティおしえてよ」 みんなの声

ねぇ、キティおしえてよ 作:ミラ・ギンスバーグ
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 2
「ねぇ、キティおしえてよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • それぞれの価値観

    ロジャ・デュポアザンの絵が好きで読んでみた本です。

    シンプルな絵ですが、哲学的なお話が多いように思います。

    このお話は民話の再話だそうです。

    おんどりとがちょうが自分の場所のどちらがいいのか聞いて回ります。

    自分にとっていい場所は、それぞれ。短いお話ですが、それぞれに良い場所、自分にとって良い場所について考えさせられました。

    価値観と言い換えてもいいのかもしれませんね。大事なものは人よって違うと思いました。

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • どれも違う。どれも良い。

    がちょうとおんどりが出会い、それぞれ自分が過ごしている場所が
    居心地がいいと言い争いをすることからストーリーが始まります。
    一体どこが、一番良い場所なのでしょうか?

    場所こそ違えど、みんなそれぞれ居心地のいい場所をもっている。
    例えばTVでセレブの豪邸を見てうらやましい気持ちになっても
    やっぱり我が家がほっと落ち着ける一番の場所だ・・・って
    感じることありますよね!
    この世のさまざまなものに価値があって、それを比較して順位付けすることには
    意味がないのだと教えてくれるお話だと思います。

    掲載日:2007/10/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / かぼちゃスープ / こねこのチョコレート

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2歳からの日本語エンターテイメント第2弾は、つけたし+

みんなの声(2人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット