雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

むしむし だあれ?」 みんなの声

むしむし だあれ? 作:今森 光彦
絵:今森 洋輔
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784494002764
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,683
みんなの声 総数 9
「むしむし だあれ?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 身近な昆虫いっぱい

    写真家兄弟の本なんですね。
    ここのレビューを見て初めて知りました。

    ダンゴムシやちょうちょ、てんとう虫など身近な虫たちがたくさん出てきます。
    細かい色遣いでキレイでリアル。
    なのに、昆虫の恐さは感じられずに、むしろ愛嬌があるように見えます。
    実物のカマキリは苦手ですが、ここのカマキリはかわいらしく感じる。
    書き手の方の愛情が出てるのかな〜。

    「なんだろう?だれかな?」という優しい口調のQ&A形式のストーリーなので、
    こどもも楽しんで答えていったり、自分ひとりでも読むことが出来るみたいです。
    イラストがリアルなおかげで、「頭についてるのは何?」「クワガタの足細いね」など
    いろいろと気になり興味を持つ点も多いようです。

    こういう本をきっかけに図鑑を楽しく読めるようになると嬉しいですね。

    掲載日:2014/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今森兄弟の絵本

    今森光彦さんの写真絵本は何冊か読んだ事がありますが、絵本は今回が初めてでした。なんと、絵は弟さんなんですね。ビックリしました。
    「なんだろう?」「だれだろう?」という次のページに答えがあるという絵本。
    とてもシンプルですが、絵がとっても細かくてリアルです。
    虫が苦手な娘ですが、この絵本は嫌がらず何回も読んでいました。
    このような絵本から虫が好きになってくれたら嬉しいですね。

    掲載日:2012/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫嫌いを克服・・・。

    私自身は虫が苦手なのですが、娘にはいろんな
    ものに興味を持ってほしいと思い、この絵本を
    手に取りました!
    とても精密に描かれている絵本で、虫だけでなく、
    出てくる植物にも注目です。
    この絵本を見せて、そして、実際の虫や植物を
    見せてあげたいと思いました。
    そして、私の虫嫌いもちょっとは克服できると
    いいなと思っています!!

    掲載日:2012/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昆虫の入門用に最適

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    今森光彦さんと言えば、プロ写真家として知られ、「昆虫記」等で知られています。
    その作で、絵を弟の今森洋輔さんが担当した作品。
    兄弟揃ってというのは、非常な驚きでした。

    物語は、
    「あれっ?
    まあるいよ
    なんだろう?」
    という書き出しで始まります。
    そこに描かれているのは、丸まったもの。
    隣に芽があるので、サイズも見当がつきます。
    次のページで、
    「とこ とこ とこ
    ダンゴムシ」
    と答えがあるという、良くある構成の作品ではあります。

    この絵本が良いのは、登場する虫がオーソドックスであるという点。
    ダンゴムシ、アゲハチョウ、カマキリ、テントウムシ、カブトムシ、クワガタというメンバーですから、虫入門の絵本としては最適です。
    さらに、洋輔さんの絵が、精緻でありながら生物っぽくないので、虫嫌いの方でも抵抗なく読み聞かせできるものです。
    生々しさが抑えられている描写は、中々のものだと思います。
    また、テントウムシのページには、捕食するアブラムシを描いたり、アゲハチョウのページでは、代表的な訪花植物のアザミを描いたりと、生態を周知した方ならではの作品と言えるでしょう。

    昆虫の入門用の絵本として、オススメします。

    掲載日:2012/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい生き物

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    自然界を写真でとらえたり、ネイチャーイラストレーションで表現したりする
    今森兄弟の作品。
    小さな生き物、虫の世界が的確に描かれています。
    ダンゴムシやチョウ、カブトムシやクワガタムシもいますね。
    これは嬉しいです。
    クイズ形式の文章が、虫たちへの興味をかき立ててくれます。
    擬音もたっぷりで、臨場感があります。
    虫好きな子どもなら夢中になると思います。
    虫が苦手なお母さんも、これくらいのメジャーどころの虫たちなら大丈夫でしょう。
    写実的だけど、変に生々しくないところが良かったです。
    やはり子どもたちには知ってほしい、虫たちの世界。
    この絵本が入門にいいと思います。

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子にだって♪

    虫が苦手な女の子だって、興味シンシンです。
    実際には怖くて触れないけどリアルなこの絵本なら、と思い
    読み聞かせました。
    なぜって、興味はとてもあるようなんです。
    遠巻きに見て話しかけるくらいですから^^;
    せめてダンゴムシくらいは手に取るようになれるかしらと
    願っています(笑)

    掲載日:2011/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今森兄弟の虫の絵本!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    作者の今森さんの写真絵本は何冊か読んだことはあるけど、完全な絵本は初めて見ました。
    しかも絵は今森さんの実の弟さんが描かれていました!!びっくりです。
    兄弟で芸術家なんて、ドラマの中だけの世界かと思ってました。

    さて、この絵本に登場する虫たちは、暖かい季節になれば、だれでも簡単に見ることのできる身近な虫たちです。
    特に最初に登場するだんごむしなんて、探しに行かなくても見れますよね〜。
    親近感の湧く、虫たちのセレクトでした。
    もちろん、絵の方も、小さなお子さんでもわかりやすく描かれています。
    お話会などで読んでもいいですが、出来たら、お父さんやお母さんのひざなどでリラックスしながら、お子さんたちに読んでもらいたい作品です。

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめて

    • ぴちこんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子1歳、男の子1歳

    はじめてむしの本をかりました

    はじめはきょとんとしていた二人だったけど、カマキリの迫力や、カブトムシが顔をだしたりするところがはまったようで楽しそうに見ていました

    絵がとてもあったかくて、ぜひほかの本も読んでみたいと思ってその後どうぶつのものも借りました

    掲載日:2008/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 科学絵本の赤ちゃんバージョン!

    先日、今森光彦さんの写真展に行く機会があり、そちらでみつけた絵本です♪♪

    光彦さんの実弟の洋輔さんが挿絵されているんですよね〜。
    いやあ、もうご兄弟ですごい才能をおもちですね。

    お話は「あれっ? まあるいよ なんだろう?」
    と、1ページ目で語り、次のページをめくると答えの昆虫が登場という、
    オーソドックスなタイプなのですが、
    自然をこよなく愛する今森さん兄弟らしい仕上がり。
    書かれている虫が今にも飛び出していきそうな感じなのです。
    それでもって淡いタッチで書かれているから怖くないんですよね〜。
    なので、うちの息子君も何度も何度も触っておりました。

    あんよができるようになって、
    お外の世界に興味を示し始めたら、
    ぜひに読んであげたい。
    そんな絵本です♪

    掲載日:2007/10/15

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット