十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

はまなすのおかの きたきつね」 みんなの声

はまなすのおかの きたきつね 作・絵:手島 圭三郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1995年
ISBN:9784033306902
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
「はまなすのおかの きたきつね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 公平なおとうさん

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    一度に数匹のこぎつねを育てるので、すべての子に公平というわけには行かないです。
    弱い子は厳しい自然の中では暮らしてはいけません。
    その厳しさを母親は教えているのでしょう。

    弱い子はいつまでもえさを食べられず、弱っていって体も大きくなりません。
    ますます、えさを奪いとることができず、どんどん弱っていきます。
    それでも、母親は特別扱いはしません。

    でも、父親はこっそりとその小さな子にえさをやります。
    父親も、もしかしたら小さい頃にそうしてもらったのかもしれません。

    父親と母親がそれぞれの立場で、役割を持って子育てをしています。
    人間にも通じるところがあります。

    掲載日:2009/04/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自然界の厳しさとやさしさを感じます

    ほかの兄弟よりも小さなチビギツネ。小さいからエサも食べられず、食べられないからケンカにも勝てない。おなかがすいて寝ることもできずにいると、お父さんが夜こっそりエサを獲ってきてくれてチビちゃんだけに食べさせてやるのです。一応物語ではありますが、本当にキタキツネは母よりも父キツネの方が子供にはやさしいのだそうです。自然界の厳しさ・やさしさが伝わる本で、切り絵風の絵も素敵ですよ!親子で和んで読みました。

    掲載日:2002/07/14

    参考になりました
    感謝
    1

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット