だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

かめきちのたてこもり大作戦」 みんなの声

かめきちのたてこもり大作戦 作:村上 しいこ
絵:長谷川 義史
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年
ISBN:9784265054589
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,803
みんなの声 総数 4
「かめきちのたてこもり大作戦」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 笑いありホロリあり

    このシリーズの第三弾を読んで、ファンになりました。

    かめきちの友だち・しんごの家は、中華料理屋さん。日曜日は家族で遊びに行けないし、妹か弟がほしいというしんごの気持ちを、親にわかってもらえません。

    親には親の都合がありますが、子どもにとってはお話をきちんと聞いてもらえないというのは、辛いものがありますね。かめきちはしんごの願いをかなえようと奮闘します。

    かめきちくん、「サザエさん」のカツオくんを彷彿とさせるキャラクターで、勉強はできないけれど、男気があり、好きな女の子には滅法弱いという点に、つい笑ってしまいます。

    そして、かめきちに絡んでくるキャラクターが個性的で魅力があります。

    かめきちの両親の会話は、まるで漫才のようだし、かめきちの妹のこいちゃんもかわいいだけでなく、味のあるキャラクターだし、クラスメイトのけいこちゃんやひとみなど、それぞれの性格設定やかめきちとの関り方がおもしろくて、随所で笑いがおきます。

    かめきちのお父さんが、子どもたちの味方をしてくれるのもいいなと思いました。

    そして、関西弁と長谷川義史の絵が、このおもしろい世界をよく引き立てています。

    笑いあり、ちょっとホロリありで、最後まで楽しめました。

    掲載日:2008/12/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • わたしにもできるかな?

    『つぎなによむ?3、4年生』にしょうかいされていておもしろそうだったので読んでみました。大さかべんがむずかしかったけれど、たのしかったです。
    ついついできないのに「まかしときや」といってしまうかめきちは、ちょっぴりあほだなぁと思いました。
    いもうとのこいちゃんが、気あいが入るとものすごくきびしくなるところが、わたしといっしょでわらっちゃいました。
    たてこもるのって、わたしにもできるかな?とそうぞうしたけれど、10分くらいでやめちゃいそうです。3じかんもたてこもれたかめきちはすごいと思いました。
    このシリーズのほかの本も読みたいです。

    掲載日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • わたしもたてこもろうかな…

    • はなたま*さん
    • 30代
    • ママ
    • 長崎県
    • 女の子8歳、女の子6歳

    サバサバした気の強いかあちゃんと無責任男のようでも、いざとなったら子供に手をかしてくれるとうちゃん。名前も言動もかわいい妹のこいちゃん、そして悩んでる友達を助けようと、知恵をしぼっていろんなことにチャレンジするかめきち。

    近所にこんな家族いてほしいな〜と思います。
    あったかくて、おもしろくて、家族や友達との絆が見えて。ホームラン級のいいお話でした。

    私も忙しいとついつい子供の話を聞き逃したり、そんなにお願いされても無理なものは無理!と決めつけてしまうことがあるので、他人事ではないと反省(><)

    「なんかあったら、わたしもたてこもろうかな…うちも赤ちゃんうんでほしいなあ〜」と娘の恐ろしい発言に、苦笑いしてしまいました。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • カツオくん?

    息子が学校の図書館から借りてきた本の中の1冊です。
    先に「かめきちのおまかせ自由研究」を読んで
    池野かめきち妹はこいちゃん、
    お父さんやお母さんの名前は証されませんでしたが
    サザエさんの「いその一家」を思わせるネーミングが気に入り
    続けて読んでました。
    読後に、「かめきちはカツオくんみたいだ〜」と
    ゲラゲラ笑って手、とても気になり、拝借して読んでみました。

    確かに。
    頭は悪いが、とても友達思いのかめきち。
    それに、できるかどうかもわからないのにすぐに「まかしとき」
    と、かなりの自信を持って安請け合いするところはまさに
    国民的アイドル?のサザエさん一家のカツオ君だ!
    かめきちの父ちゃんと母ちゃんの喧嘩はまさにコントみたいだし
    妹のいけちゃんはしっかりしてるのか?ちゃっかりしてるのか?
    どこか抜けたような雰囲気を醸し出しておもしろい一家。
    そこへ、今回は親友のしんごの心の悩みを解決しようと
    立てこもるのですが、かめきちの父ちゃんの
    ただ単におもしろがってるようでもあるけれど、
    しっかりと子どもたちの意見を尊重しながらサポートしてるところには
    感心しました。
    さて、ラストにはしんご家族のほろりとして場面も出てくるのですが
    前作以上に楽しいお話しに、私も笑ってしまいました。
    文章は長めですが、息子もこのおもしろさに
    一気に読み進めてたことに納得です!

    掲載日:2008/10/01

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / どろぼうがっこう / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / なにをたべてきたの? / おへそのあな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット