なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

かえでがおか農場のなかまたち」 みんなの声

かえでがおか農場のなかまたち 作:アリス・プロベンセン マーティン・プロベンセン
絵:アリス・プロベンセン マーティン・プロベンセン
訳:乾 侑美子
出版社:童話館出版
本体価格:\2,400+税
発行日:1998年
ISBN:9784887500006
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,448
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 農場まるごと

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    6歳の長男に某ブッククラブから届きました。

    長男はあまり興味を示しませんでしたが、2歳の次男がしきりと読みたがります。次男は馬が大好きなので、ページをせっせとめくっては馬のところを開き、「読んで〜」と言います。

    書名の通り、農場の仲間たちがひとりひとり詳しく紹介されていて図鑑を見ているような、農場を隅々まで見物したような、そんな気分にさせられます。

    それぞれによく特徴が描かれていて楽しいです。

    掲載日:2014/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 眺めているだけで、幸せな気分に

    とても大きな絵本です。かえでがおか農場にいる動物たち一匹一匹を、名前や生態、性格とともに丁寧に紹介しています。
    ネコにイヌにウマにブタ。ガチョウ、ニワトリ、メウシ、ヤギ、ヒツジなどなど。どの動物たちも、のびのびと暮らしている様子がうかがえて、眺めているだけで幸せな気分に。
    ストーリーがある絵本ではないのですが、のんびりと農場見学できたような満足感があります。
    子供たちもこの絵本が大好きで、気がつくとひとりで広げて、絵をじっくり眺めています。

    掲載日:2013/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 個性豊かな楽しい農場なかまたち

    こちらの絵本は読み聞かせたことはないです。大型絵本ですし、自分で絵を見ながら楽しんで読んでいます。

    特別ストーリーはないですが、個性豊かな動物たちが紹介されていて、それが結構面白かったり笑えたりします。
    動物の体重の計り方や、馬の扱い方なども描かれていて、農場にいるといろんな動物たちと楽しく過ごせそう!とワクワク気分になるようです。

    しょっちゅうではありませんが、時々思い出してはひっぱり出して読んでいるわりとお気に入りの一冊です。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • めちゃくちゃ長い!

    かえでがおか農場にいる実にたくさんの動物たち。みんな名前がついてるんですよね。全ての動物たちの生活やお引越しなどの様子、乗馬の様子などをこまかく書いてあります。

    農場生活を知るには良いかなと思ったんですが、正直、とにかく長い!3歳の子供には読み聞かせしないといけないので、とても読みきれなくて、読む側はかなり疲れます。申し訳ないけれど、読むのが大変なので、一旦隠してしまいました(笑)

    字を読める年頃になったらまた出したいと思います。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物たちが生き生きと描かれています

    可愛い絵だなと思って借りましたが、これが大当たりです。農場にいるたくさんの動物たちの名前や性格、エピソードが描かれているだけなのですが、その描写が素晴らしく、動物たちの様子が生き生きと想像出来て、楽しくなります。娘も何度も読んで、読んでとせがんで来て、ちょっと長いので、2晩に分けて読んでいます。素敵な農場にうっとりです。

    掲載日:2011/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありのままを、そのまま。

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳

    大きな絵本で、読みごたえあります。
    我が家は二晩にわけて読みました。

    かえでがおか農場のなかまたちを詳しく紹介してくれます。
    ネコ・犬・鶏・馬・ヤギ・・・と順々に・・淡々と。
    どの動物も一匹一匹よーく観察していて、個性があるんですね。

    ネコたちの個々の行動が、見開きいっぱいに描かれたページが特に
    好きです。
    ケンカしたり、鶏を追いかけたり。
    あんま動きのないネコのことを「美しいけれど、おもしろくありません」とバッサリ表現したところが、私にはツボでした。
    それからネズミなどをあやめてしまうネコの習性を
    「でもネコとはそういう生き物なのです」と事実を事実として
    伝えるところ。
    ごまかしが無くて、ゴツンとした手ごたえのある絵本。
    こういう絵本、好きです。

    農場という舞台で、日々穏やかに繰り広げられる仲間たちの生活。
    子供のころによくテレビでやっていた「ムツゴロウ王国」みたい♪

    淡々としているからどうかしら〜と思った4歳の我が子は、
    「幼稚園にもチャボいるんだよ〜」などと言いながら、
    けっこう楽しんで聞いていたようでした。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのできる絵本

    ストーリーは特になく、ただかえでがおか農場にいる動物たちを詳しく紹介している絵本です。
    ネコから始まり、イヌやヒツジ、ガチョウやウシ、ウマなど、色んな動物が登場します。
    何だそれだけか、と思うかもしれませんが、私は大変気に入りました。

    『かえでがおか農場のいちねん』を私は読んでいないので、前作とのつながりは分かりませんが、
    (文中に少し前作に触れるような記述が見受けられました)
    このネコの名前は○○だとか、このネコの行動はこんな風だ、とか、
    色んな行動をしているネコの絵がぎっしり描かれていて(他の動物も同様)、
    前作を知らずとも、それをずっと眺めているだけで全く飽きることがありません。
    かえでがおか農場の近くに住む隣人の一人になれたような、そんな気になりますし、
    とてもほのぼのとした気持ちにもさせてもらいました。

    小さなお子さんには難しいとは思いますが、図鑑などをじっくり見ることが好きなお子さんなら、小学校低学年から楽しんでもらえそうです。
    当然、大人も十分に楽しめますので、家族みんなでかえでがおか農場にお出かけするのも楽しいと思いますよ。

    掲載日:2009/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図鑑みたいです

    題名どおり、かえでおか農場にいる動物たちの紹介がずっとされている絵本。
    名前だったり、性格だったり・・・
    かえでおか農場のエキスパートになれてしまう絵本です。

    かえでおか農場がなんなのか知っていれば面白いかも知れません。
    でも我が家はそれを知らないで読んでしまったので、
    図鑑を読んでいるような雰囲気になってしまいました・・・
    そのあたりがちょっと残念でした。

    掲載日:2007/10/19

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット