もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

わたしはあみちゃん」 みんなの声

わたしはあみちゃん 作・絵:ママダミネコ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2007年11月
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,544
みんなの声 総数 12
「わたしはあみちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 不思議な体験

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    5才の息子が気に入っています。

    見たかったこぐまちゃんが見られずに、ふくれっつらのあみちゃん。
    帰りに地下鉄に乗った時、不思議な体験をします。

    子供たちも「え〜!?」と、あみちゃんと同じようなびっくり顔になっていました^^

    だけど、自分が変な世界に迷い込んだようで、やっぱり最後は怖くなっちゃうんですよね。

    あんなにふくれっ面だったあみちゃんが、お母さんの手をしっかりつかむシーンが、なんかいいです^^

    神様の「ご機嫌直しなさい」のメッセージだったんでしょうかね。

    いろんな想像が膨らむ絵本です。

    掲載日:2012/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • とってもおもしろい

    ちょっと違う意味でおもしろい。

    でんしゃのなかでいたずらばかりの

    息子に読んであげました。

    同じようにくまになっちゃうよといっても

    それがむしろうれしくて

    テンションがあがってしまいました。

    幼稚園くらいの子なら

    ちゃんと分かるお話だと思います。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものとも

    こどものともが好きなのでこの絵本を選びました。主人公が一生懸命に電車に乗っている様子が可愛らしいと思いました。電車の中が動物だらけにがらっと変わる場面が興味深かったです。予期せぬ事が起こってもしっかりと自分を持ち続ける事の出来る主人公は逞しくて格好良かったです。お母さんが主人公の気持ちを尊重しているのも素晴らしいと思いました。私も娘と一緒に電車に乗りたくなりました。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • あみちゃん、どうしてもこぐまのあかちゃんがみたかったんだね!
    自分の意思をしっかり持っているあみちゃんが羨ましいです。
    折角、動物園に行ったのにこぐまのあかゃんがお腹をこわしているので見ずに帰ってきたあみちゃんです。がっかりして駄々をこねてしまったあみちゃんですが、きっとかばさんさんたちも見たかったんだと思いました。きっと後悔していたから、神様が不思議な現象を起こして見させてくれたんだと思いました。今度は、お洋服も夏らしく横じまのポロシャツにお揃いの靴下、ブルーのジャンバースカートにお揃いの靴、帽子とあしゃれなあみちゃんのとびっきりな笑顔のピースをした姿にほっとしました。おかあさんに甘えるこぐまのあかちやんがとても可愛かったです。裏表紙のおまけにとても嬉しかったです。

    掲載日:2009/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当は・・・

    訪問先の保育園で、ちょうどあみちゃんと同じ4歳児クラスで
    読み聞かせしました。

    あみちゃんはお母さんと一緒に動物園へ出かけました。
    でも、お目当ての「こぐま」がお腹をこわして見られなかったので
    だだをこねてしまって、結局動物園を楽しむことなく帰宅することに。
    そんなあみちゃんを待ってたのが、
    電車のなかでの不思議な出来事なんですが、
    実はあみちゃん、本当は他の動物達もみたかったのかな?
    途中で帰って来ちゃったから、「やっぱり見たかったな〜」って
    気持ちが、不思議な出来事を引き合わせたのかな?
    って、だだをこねたり、すねてみたりする、ごく自然な
    子供らしい姿のあみちゃんを見て、そう思いました。
    ほら、思いが強いと夢に出てくるってよく言いますね?
    そんな感じだったのかな?
    一緒に絵本を楽しんでる子どもたちも「あみちゃん、ほんとうは
    やぎさんにもあいたかったんよね〜」と、私と同じ気持ちだったようで
    同年代の子どもたちにはそう感じたのかな?と、
    ここでまた、私も不思議な経験をしたような気持ちになったて、
    こどもって、こうやって考えることもあるんだな〜と、
    気づかせてもくれました。

    そして、電車に乗ってる人たちの特徴をうまく捉えて
    動物に変身してるところも子どもたちにはおもしろかったようで
    あみちゃんがお母さんと出会うシーンでは、
    「あのおばさん、カバさんだったんだよ〜」と
    ちょっとした絵探しをしてみたりして、たっぷりと楽しみました。
    そして、裏表紙のスナップ写真にも、子どもたちも
    「あみちゃん、よかったね!」と、にっこりでした。

    掲載日:2008/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢!?

    あみちゃんが動物園の帰りの電車で体験した、不思議な出来事を描いたお話です。

    お母さんと一緒に乗った地下鉄電車。
    お客さんは、初めは人間だったのに、いつの間にかカバやヤギ、キリン等、みんなが動物になっています。

    そして、あみちゃん自身もコグマに・・・。

    この不思議な体験は、あみちゃんの夢だったのかな?

    動物園でコグマを見たかったあみちゃんですが、裏表紙にコグマと一緒に撮った写真があるということは、もう一度、動物園に行くことが出来たのかな?
    それとも、写真も夢なのかな?

    ちょっぴり奇妙な体験ですが、楽しい絵本でした。

    奇妙な体験ですが、なんだか夢があって楽しいお話でした。

    掲載日:2008/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • こぐまのあかちゃん。

    動物園帰りの電車で起きた、不思議なお話です。
    電車に乗っている人たちがいつの間にか動物だった・・・というお話なのですが、こういう時、自分は何の動物に例えられるのかな、なんて気になりました。
    電車の中で静かに到着を待っている、ぼーっとした時間って確かにこんな空想に浸りそうだよなあ、と楽しく読みました。

    掲載日:2008/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • わがままいうと・・・

    動物園に行ったものの見たかったこぐまが見られなくてふくれっつらをするあみちゃんが、帰りの電車の中でこぐまになってしまう・・・親の立場で読むと「ふくれるとバチがあたる」ストーリーですが、2歳の息子にとっては不思議で楽しいお話のようです。もう少し大きくなったら、「ふくれるといいことがない」ということも感じ取ってくれるのかな?あみちゃんの「ふくれっつら」の絵が、いかにも子供のふくれた様子をよく表していておかしいです。最後はこぐまになってしまった自分に気付きあわてておかあさんを求める子供の姿が、ほのぼのとしていてあたたかです。

    掲載日:2007/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • あみちゃんびっくり!

    親子で動物園に行く楽しいお話かと思いきや
    あみちゃんびっくりの電車体験。

    初めは「たかちゃんも動物園に行きたいな」と
    下の子が羨ましくみていましたが
    「くまさんになったねぇ」とびっくり。

    2人の子供達が大好きな電車での不思議な体験。
    ちょっと変わったお話でした。
    子供達の大好きな電車と大好きな動物園の出てくる
    可愛い絵のお話です。
    男の子、女の子問わず不思議な世界を楽しめます。

    掲載日:2007/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • こぐまちゃんかわいい!

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子3歳

    こぐまをみたくて動物園に行ったあみちゃん。でもその日はこぐまがおなかをこわしてお休みでした。がっかりしたあみちゃんが乗った帰りの電車で不思議な体験が…。電車に乗っている人がみんな動物になってしまったのです。あみちゃんは…なんとこぐまちゃんに!会いたかったこぐまちゃんになったあみちゃんはどんな気持ちだったのでしょうか?
    うちの娘は眠そうなこぐまちゃんみたいだね〜と言われているので、何だかあみちゃんと娘が重なって見えてしまいました。
    周りの人がどんな動物に変わったかをページをめくりながらさがすのも楽しいです。特徴をよくとらえてあると思います。
    4歳からとあるのですが、3歳の娘も楽しめる絵本です。

    掲載日:2007/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット