まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…

ぴーちゃんにじにのる」 みんなの声

ぴーちゃんにじにのる 作:まつい のりこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1976年03月
ISBN:9784032160109
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,038
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 空を飛べないおばけ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    以前、別のぴーちゃんのお話を読んだのですが、その時に出ていた傘の入手経路が分かるお話だなーと思いました。
    空を飛べないおばけのぴーちゃんがすてきな虹の傘を手に入れます。
    こどもは虹のシーンが気に入ったようです。

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけの ぴーちゃん

    ぴーちゃん、かわいいのですが、なんとオバケだったのですね。
    でも、ちっとも怖くないので、安心して子供にも読めますよ。
    「虹の上を歩く」ということは、私も夢見たことがあります。
    そんな、夢いっぱいのかわいいお話でした。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいおばけのぴーちゃん

    私の子供の頃のお気に入りでした♪
    (歯医者さんでみてました。)

    ぴーちゃんって一応「おばけのこ」なんだけど、ぜんぜんおばけと思えないくらいかわいくってやさしいこ。

    お話の内容はとってもシンプルでわかりやすく、もうすぐ三歳の娘はぴーちゃんのがんばる様子を見守っていました。

    私が小さい頃もぴゅーんと飛んだりとか、ドテンっと落っこちたりとか、シンプルなぴーちゃんの動きが面白かったのを憶えています。(おめめがぐるぐるなんて、子供にとってツボですね。)

    最近はじめて自分の傘を手にした娘は、本気?!で飛べると思っているかのように喜んで石の上から飛び降りたりします。

    掲載日:2008/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぴーちゃんの願い

    • MAYUMIさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子22歳、女の子20歳、女の子18歳

    「じゃあじゃあ びりびり」で人気の松居紀子さんの作品です。
    自分のお子さんの
    「おばけのえほんのえほんつくって」
    という要望に応えて話し合ってできた絵本だとか。(作者の言葉より)

    おばけのぴーちゃんがひろった一粒の金色の種。
    その種を埋めて、大切に育てるぴーちゃんの様子が可愛いですね。
    一生懸命育てた種からできた七つの実が、
    なんと虹になるとは・・・ビックリです。
    おまけに、
    ぴーちゃんの願いを叶えてくれるなんて、嬉しいですね。
    可愛いストーリーとイラスト風の絵がマッチしています。

    掲載日:2007/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぴーちゃん、かわいすぎ!

    • ぽぽろんさん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    「ぴーちゃんくもにとぶ」がかわいらしくて、子供たちもぴーちゃんの絵本だと喜んでました。
    前作で、ぴーちゃんが持っている虹色のかさがすごくかわいいなあと思っていたら、ここでどうやって手に入れたのかがわかりました。すごーいメルヘン!ほのぼのしてきます。子供たちも、ぴーちゃんの表情の変化や、金色のタネに自分の長靴に水を入れてあげているところなどをニコニコして読んでいます。

    最後の作者の言葉がまたよかったです。まついのりこさんがお子さんのために、お子さんのアイデアを生かして作られたんですね。そんな優しさが作品からとてもよく伝わってきます。

    掲載日:2004/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も虹にのってみたい

    絵本の中で、ぴーちゃんはきれいな虹の橋を渡っていました。
    そして、その虹が、最後には空飛ぶ虹色のかさに変身して、
    ぴーちゃんはいつでも空を飛べるようになりました。
    私は、子供にこの絵本を読み聞かせているとき、
    この間、とってもきれいな虹を子供と一緒に見たことを
    思い出しました。
    虹を見た時は、子供と一緒に
     「あの虹の下をくぐれるかもね」
    と、話していたのですが、
    この絵本を読んだ後は、
     「この前見た虹、きれいだったね。
      お母さんもぴーちゃんのように虹を渡ってみたいな。」
    と、子供に話していました。
    このお話しは、私に、夢をくれたお話でした。

    掲載日:2003/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空を飛んだぴーちゃん

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    ぴーちゃんはかわいいおばけです。ある日、金色の種を見つけて土に植えました。芽が出るとぴーちゃんは大事に育てました。すると、7色の実がなりその実が空に飛んでいってしまったの。そうしたら お空にきれいな虹が・・・。ぴーちゃんは大喜びで虹の橋を渡りました。でも、途中で消えてしまってぴーちゃんは下に落ちてしまいました。すると、お空から虹色の傘が降りてきて、ぴーちゃんが傘を持つとなんとお空を飛べる傘だったの。ぴーちゃんは大喜びでお空を飛びました。最後に雲にのっているぴーちゃんの絵があります。なぜが2歳の娘はその絵が大好きでニコニコしながら見ています。

    掲載日:2002/07/14

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット