ゆきが くれた おくりもの ゆきが くれた おくりもの
文: リチャード・カーティス 絵: レベッカ・コッブ 訳: ふしみ みさを  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある寒い冬の夜、ロンドンの街に大雪が降った! 勉強のできない男の子と、きびしい先生に起きた、あたたかな奇跡のものがたり。
てんぐざるさん 40代・ママ

映像で見てみたい気がしました。
この作品は日本では2014年の10月に…

百まいのきもの」 みんなの声

百まいのきもの 作:エリノア・エスティーズ
絵:ルイス・スロボドキン
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1954年
ISBN:9784001100389
評価スコア 4
評価ランキング 22,397
みんなの声 総数 1
「百まいのきもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供に読んでもらいたい本

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    これはいじめを題材にした本です。
    特にいじめる子に従う子マディーの心の様子がよく書かれています。
    自分はこんなことしたくないのに、ペギー(いじめる子、クラスの人気者)に嫌われるのが怖いからやりたくないと言えずにいるのです。
    ワンダ(いじめられる子)はきものの話をみんなでしているときに、きものが百枚もあると言ったために毎日このことでからかわれるようになります。私もなんでそんなことを言うのだろう!と思いましたが、読み進めていくとその答えがわかります。ワンダはうそをついたわけではなかったのです。
    いじめはふとしたきっかけでいつでも始まるのです。
    でも、自分以外の人も自分のことのように考えたり、自分の都合ばかりを優先するのをやめれば、いじめよりももっと楽しい事があると思うのです。

    掲載日:2007/10/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット