ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

いつまでも」 みんなの声

いつまでも 作・絵:アンナ・ピンヤタロ
訳:たわらまち
出版社:主婦の友社
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784072528365
評価スコア 4.42
評価ランキング 8,362
みんなの声 総数 18
「いつまでも」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 絵がまず気になり
    訳がたわらまち氏とのこと

    とっても気になって
    図書館にリクエスト

    素敵な絵です
    手作りのようなチェックの犬のこたこたした
    ぬいぐるみ・・・とか(^^ゞ
    スケッチ画に
    水彩で色を重ねたような
    なんともいいです!

    たわら氏の訳仕方なんでしょうか
    文章が短くて詩的

    途中で、何のこと言ってたんだっけ?
    って、思っちゃうけど

    「おかあさん、いつまで ぼくの おかあさんなの?」

    なんとも
    心臓をギュ〜ッとつかまれたような(^^ゞ
    この言葉
    まいっちゃいますね

    逆に、息子から自立されちゃうんですけどね(^^ゞ

    小さいお子さんがいらっしゃる皆さん
    手が掛かる時に
    いっぱい手を掛けて
    一緒に日々の生活を楽しんで
    い〜っぱい一緒に遊んでください
    「いつまでも」お子さんは、こどもではありますが
    あっという間に、手から離れちゃいます

    こぐまのオリちゃんとおかあさんのように
    一緒にべたべた過ごしてください

    心は、「いつまでも」おかあさんですけどね

    掲載日:2013/02/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 先日、「どこまでも」を読み、
    そして今回「いつまでも」を読みました。

    たわらまちさんの訳で、
    詩的な言葉でつづられています。

    ぬいぐるみのように可愛いクマの親子。
    子供をどれほど大切に思っているかを
    やさしく伝え、
    子供も安心して受け止めて
    心が穏やかになっていく。。
    そんな絵本のように感じました。
    大人と読むなら2歳から。。と書かれていますが
    優しい絵と言葉は赤ちゃんにも伝えてあげたいと思います。

    私は50代後半で
    すでに3人の子供たちも成人して
    自立していますが、
    いまとなっては私が何かをしてあげることはないけれど、
    いつまでも大切に思っているよ。。
    そんな気持ちになりました。

    掲載日:2015/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんどんふくらんで

     「いつまでも、あかあさん」の「いつまでも」って、どうゆうことなんだろう、、、。
     「いつまでも」も意味がどんどんふくらんでいくのが、おもしろいなと思いました。
     野山で花や実をつみながら、たくさんお話をする、ボクとおかあさんが楽しそう。やさしいタッチで描かれた絵もよかったです。
     
     最後のページのおつきさまの帰り道、おかあさんとボクの後ろ姿が、いいなと思いました。いつまでも、見ていたい場面でした。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやすみ前に

    お母さん向けの絵本かなとは思ったものの、息子にもこの絵本の優しい空気は伝わっている様子。
    「くまちゃんの本」といって、おやすみ前の絵本タイムに、ちょこちょこリクエストしてくれました。読むだけで親子ともに優しい、おだやかな気持ちにさせてくれる絵本です。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつまでも お母さん

    優しい文章で、素敵なことがたくさん書かれていましたね。
    読みながらジーンと感動しました。
    絵もかわいらしくて、ぬいぐるみのクマがそのまま歩いているようです。
    子供から大人まで、幅広い年代の方にオススメできます。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつまでもっていい言葉ね

    おかあさんはずうっとぼくのおかあさんだよ。
    いつまでもおかあさんだよ。
    「いつまでも」ってどんなことなのかいろんな言葉で
    表現されています。どれもとってもあったかくてしあわせに
    なるいい言葉。いつまでも気持ちよーく安心していられそうな
    いい言葉。
    娘は『パパだいすき』と同じ人が書いたの?と。
    そう言われてみればちょっと似てるなあ。くまだし(笑)。
    物語の流れ方も似ているし。きっとこちらを先に読んで
    いたら、あちらを読んだ時に『いつまでも』と同じ人?って
    きくのだろうな。

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい絵と言葉

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    いつまでもってどんなかんじ?
    こぐまの問いに、お母さんが答えます。
    ほんわりした絵と言葉が心にしみてきます。
    大人にもお勧めできる絵本です。

    掲載日:2011/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかい絵本です

    母親の強い愛情を感じることのできる絵本です。
    無邪気な小熊と,そのお母さんの物語なのですが,
    母熊の深い深い愛情が,文章や絵のひとつひとつ
    から,ひしひしとつたわってきます。

    背景の絵もとってもきれいなので,
    そのイメージを頭の中に浮かべながら,
    読むのもとっても楽しいですよ。

    たわらまちさんの訳も,きっと
    素晴らしいんだと思います。

    原作もぜひ読んでみたくなる絵本です☆

    掲載日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心温まる絵本。

     母クマと子クマの温かい親子の絆を表現した絵本です。

     短い文章で、語りかけるように、心の中にすーっとしみこんでいくメッセージが、なんとも心地よくぽっと心があったかくなる絵本です。

     子どもに読み聞かせているはずなのに、自分に読んでいる絵本だと思います。

     ちょっと疲れた時に、読むと心が癒されます。

     お母さんだけでなく、お父さんにも手にとってもらいたい絵本です。

    掲載日:2011/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少々感傷的に

    おかあさんはいつまでもおかあさんだけど
    子供はいつまでも赤ちゃんや小さい子供ではないのだと少々感傷的になりました。
    豊かで美しい表現がとても魅力的でした。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット