ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ぼうしの上にまたぼうし」 みんなの声

ぼうしの上にまたぼうし 作:ローラゲリンジャー
絵:アーノルド・ローベル
訳:福本友美子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2003年
ISBN:9784579404223
評価スコア 4
評価ランキング 18,712
みんなの声 総数 5
「ぼうしの上にまたぼうし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ポットルさんの幸せを祈って…

     絵はアーノルド・ローベルさんです。
     表紙絵に吹き出して手に取りました。
     
     三代目アール・アール・ポットルさんは帽子が大好き。
     お父さんはステッキのお母さんは傘の収集家でした。
     ポットルさんは、大好きな帽子に囲まれていても、寂しそう。
     お気に入りの帽子をかぶって散歩をしても、目につくのは天に地にカップルばかり。
     ある日、帽子屋さんに入っていったら…。

     ポットルさんのたくさんの帽子にビックリです。
     悲しくなると帽子を二つかぶるポットルさんの絵にやっぱり笑ってしまいました。
     ポットルさんの幸せを祈って読み進めました。
     ラストのページで、4代目のようすに血筋は受け継がれていることがわかり大笑いしてしまいました。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白いキャラクター!

    主人公、3代目アール・アール・ポットルさんは、とにかく帽子が大好き。
    お父さんは杖が大好き、お母さんは傘が大好き・・・っていうから、このコレクター魂は遺伝なんですね。
    この変わり者の3代目アール・アール・ポットルさん、ご両親を亡くして一人ぼっちになってしまいます。
    さみしくなった彼は、あるところに行こうとします・・・。

    とにかく、この主人公のキャラクターが魅力的です(笑)。
    アーノルド・ローベルさんの挿絵が絶妙で。
    主人公のちょっととぼけたような表情と、文字通り何重にもかぶった帽子の面白さ。
    お話も、ほのぼのしていてとても楽しいです。
    最後のオチも笑わせます。

    幼年童話の部類ですが、絵も多めですし、絵本と同じように楽しめると思います。

    掲載日:2008/11/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 落ち込んでいる男とは逆に派手な帽子

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    アーノルド・ローベルの絵です。
    原作は1985年に出版されているようですが、日本での出版は2003年でした。
    主人公の男の人はお年頃で彼女がほしいようですが、趣味が帽子のコレクターというちょっと変わリ者だったためか、彼女はなかなかできないようでした。
    腐った気分を盛り上げようと、ある帽子屋に入って、帽子を選んでいると……。
    ストーリーだけ見ると、あまり子ども久米ではない作品のような気がします。でもこの落ち込んでいる男の人気持ちとは逆にとてもとても派手ないろんな帽子が登場して絵的には派手で盛り上がっていきます。

    この絵本は全部読み手が読んでしまうより、帽子関連の作品をブックトークして、その中の1冊として紹介してみるのがいいかなと思いました。

    掲載日:2014/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • アーノルド・ローベルの素敵な絵

    • ヤキングさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    アーノルド・ローベルの素敵な絵に魅了され、手に取りました。

    三代目アール・アール・ポットルさんは帽子が大好き。
    朝起きるとまず、帽子を取ります。
    父はステッキ、母は傘が大好きでした。
    でも今は一人ぼっち。
    寂しくて帽子を3つ重ねて被ります。

    とにかくアーノルド・ローベルの絵が素敵なんです。
    帽子も沢山の種類の帽子が描かれ、見ているのが楽しいです。
    三代目アール・アール・ポットルの気持ちが分かります!

    でも、子どももよく、おかしなものを集めたりしませんか?
    それだけで子どもは共感していたようです。
    でも二つ被るのはさすがにおかしくて笑っていました。

    絵が多いので、年長さんにも、読み聞かせにも使えそうです。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモア溢れる物語

    やわらかいタッチがほのぼのとあたたかい挿絵に
    ユーモア溢れるお話しがとても良かった!
    王様とか何かなのか?3代目アール・アール・ポットルさんの名前に、
    帽子好きの設定、そして亡くなった両親のそれぞれ
    つえがすきと言うこと、また、かさ好きのエピソードに
    雨の中の散歩のお話し・・・
    様々なものがものがちょっと風変わりなのですが、
    でも、その風変わりなところが妙にマッチしていて
    素敵なユーモアを楽しませてくれるところがとても良かったです。
    一つの物語の中にそれぞれがとけあって、
    きちんとまとまっているところも見事です!

    風変わりだからこそ、変わらない大切なものがはっきりと見えてくる
    大切な一冊だと思いました。

    掲載日:2008/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット