十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

えんぴつびな」 みんなの声

えんぴつびな 作:長崎 源之助
絵:長谷川 知子
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1984年
ISBN:9784323002842
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,288
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 悲しいです

    悲しいです。とても悲しいです。できることならもう読みたくないです。でも、でも、ちゃんと読んで子供たちに伝えなければいけませんよね。空襲によって奪われた大切な尊い小さな命。涙なしでは読めません。現代っ子が忘れている物を大切にする心を、思い出させてくれます

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ないお話

    とても切ないお話です。
    戦争というのが何なのか、まだ娘にはよくわからないかもしれませんが、
    少しずつこういうお話から何かを学んでいってほしいと思います。
    娘が一人で黙々と読んでいましたが、
    もしこれを読み聞かせしたら、私が泣けてきてしまったと思います。
    友達を失う悲しさが手に取るように感じられて…。
    優しさと切なさが伝わってくるお話でした。

    掲載日:2014/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鉛筆のお雛様

    戦争中のひな祭りです。
    空襲で雛人形も焼けてしまった女の子が主人公です。
    女の子の健やかな成長を祝い・願う行事でありますが、このお話を読むと、性別に関係なく全ての子供の、健康や成長・明るい未来を祈りたくなります。

    掲載日:2013/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 突然にやってくる大きな悲しみ

    一学期に息子は国語の教科書で「一つの花」を学習しました。

    そんなこともあり、今年の夏休みは戦争関連の絵本を少しずつ読んでいます。

    前半の私とシンペイくんのエピソードが微笑ましいだけに、後半がとても切なく哀しく感じます。

    戦争の時にも普通の日常があり、そこに大きな悲しみが突然やってくる。

    普通の日常は当たり前のことではなくて、平和な日常を維持していきたいと強く願っている気持ちがなくては続けていけないものなのかもしれません。

    大震災と原発事故を日本人にとっての第二の敗戦と書いた本がありました。

    いつの時代にも過酷な現実は起こりうるものだと思います。

    それでも平和な日々を子どもたちには残していけたらと思います。

    掲載日:2011/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 残酷な戦争

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    これは雛祭りの絵本だと思って読むと、大変ショックを受けてしまいます
    まちがいなく戦争に関するお話ですね
    えんぴつびなをくれた大切な友人の命を奪った怒り、悲しみが戦争の残酷さを子供にも分かりやすく表現しています
    「ばかっ!・・・うそつき!」の言葉に悲しみをこらえた女の子の悲しみが子供にもわかるようです
    戦争体験者の作者だからこそ訴えられるものがあるんだと思います

    掲載日:2010/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • あまりに哀しいひな祭り

    ひな祭りの絵本だと思ってひょいと手にしてみたら、胸を切りつけるような哀しい話でした。
    戦時中のひな祭り。
    シンペイちゃんがえんぴつで作ってくれたおひな様が、シンペイちゃんの形見になってしまいました。
    戦争で家を焼かれたため転校してきた私を気にかけてくれたシンペイちゃん。
    いたずらっ子で、勉強嫌いでい、心やさしいシンペイちゃん。
    三人官女を作ってくれると約束した日に、自分が空襲で死んでしまうなんて。
    えんぴつびなが宝物になりました。
    ひな祭りだから、女の子にとってこれほど哀しい話はないと思います。
    読み終えてしばらく放心状態でした。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切な宝物

    • たまっこママさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 女の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    他人から見ると「なんだそんなもの」とかガラクタに思えるものでも
    人によっては大事な大事な思い出のつまった宝物ってあるものですね。
    この話に出てくる女の子の宝物は、
    もうこれ以上削れないくらいのちいさな鉛筆に顔が描かれた『えんぴつびな』。
    どうしてこの『えんぴつびな』が宝物になったのか、是非読んで見て下さい。
    私は途中で涙が溢れてしまいました。
    改めて戦争の恐ろしさを思い知らされました。

    掲載日:2010/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 戦争が市井に落とす悲しい影

     「戦争」がテーマだったお話し会の前に手に取った作品です。

     季節は、桃の節句に近づいています。
     女の子のいるご家庭は、それぞれご家族の思いのこもったお雛様を飾られることでしょう。
     
     しかし、こんな雛人形を何十年も宝として、大切にもっているおばあさんがいることも知って欲しいと思います。
     
     戦災で家を失い、田舎の町へ引っ越し転校した先の小学校で親切にしてくれたシンペイくんとの思い出です。
     粗野で唐突な言動のシンペイくんに、戸惑うこともありましたが、彼の優しさに気づき、良いお友だちになれそうでした。
     空襲でお雛様も焼けてしまった主人公の女の子にと、シンペイくんが作ってくれた鉛筆雛。

     お雛様にまつわる、戦争が市井に落とす悲しい影。
     
     戦争を経験した人たちは、365日、どこかでそれぞれ悲しく苦しい思い出を振り返っているのですね。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 戦争って?

     戦争で、疎開してきた私とシンペイちゃんの心の交流を描いています。シンペイちゃんは、私の家が、空襲で焼かれたあくる日、小さくなった鉛筆で作ったおひなさまをくれます。明日には、三人官女もくれると約束をしますが、シンペイちゃんは、その晩の空襲で死んでしまいます。
     とても、悲しい物語ですが、こどもにも、戦争ってこんなにもむごいことなんだ、ということを知っておいてほしいと思い読んであげました。
    今の世の中が、平和すぎて、そのありがたさを忘れてしまいそうですが、時々は、この本を読んで戦争は、絶対してはいけないという思いを確認したいものです。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 戦争

    おひなさまのお話だから時期的にちょうどいいかな。と
    思って図書館で借りて読みました。
    でもおひな祭りと言うより・・・

    空襲で家が焼けた都会の女の子が田舎の学校に
    引っ越して来ます。

    「空襲」って言葉を久しぶりに聞きドキッとしました。
    私はもちろん戦争にはあっていないので本当の怖さは
    わかりません。
    子供たちに上手く説明もしてあげれなかったと思います。
    人の命が簡単に奪われてしまう恐ろしい戦争。
    子供たちも歳を取るごとに少しづつ戦争を理解し
    平和な日常が幸せだということや当時の人たちの思い
    などを知り、大きくなっていって欲しいと思います。
    当時の悲しさが少しだけど伝わる絵本だと思います。

    掲載日:2009/03/06

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット