なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

子いぬのかいかたしってるかい?」 みんなの声

子いぬのかいかたしってるかい? 作:モーリス・センダック マシュー・マーゴーリス
絵:モーリス・センダック マシュー・マーゴーリス
訳:山下 明生
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1980年
ISBN:9784039610706
評価スコア 3.86
評価ランキング 29,679
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 言うことがどんどんかわる

    女の子と男の子で言うことがちがうのがおもしろいと思いました。

    犬をかうのはたいへんだと思いました。

    かわいいからかいたいです。

    男の子と女の子が言うことがどんどんかわるからおもしろいと思いました。

    この本を読んだら、犬がかいやすくなるのかなあと思いました。

    掲載日:2010/04/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子犬の飼い方を男女の子供が口論しあい、犬の妖精みたいな謎の人物が口出しをするのですが、子育ても似たところがあり、なんだか納得いきます。

    ただ、組み立てや流れがアメリカ漫画っぽいというか、構図が読みにくい。そしてせりふの流れがなぜその話になる?という疑問が残ります。原作で読むと少し違うんでしょうか。読むのが少し疲れます。

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかなかたいへんなんですね

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子7歳

    子いぬの飼い方を知らないので、どんなものなのか興味津々で読んでみました。
    が、子いぬと飼い主となる子どもたちとのはちゃめちゃなやりとりに、子いぬを飼うのはたいへんなんだなあと、ぽつり。
    でも、子どもたちのように、自分のエゴばかりをだしてしまうと、子いぬもなかなか従う気になれないんだろうなあといった感想も出ました。
    いつか、子いぬを飼うときがきたときに、この絵本で思ったことを活かせるといいなあと思います。
    マンガのようにコマ割りしてあるので、気構えることなくどんどん読めちゃいます。かなり日本語らしく訳してあるので、原作も読んでみたいなあと思いました。

    掲載日:2010/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子育てに通じる

    女の子と男の子が子犬を育てます。犬の飼育と子育ては通じるものがあるとかねがね思っていましたが、やはり似ていると思います。

    子どもも犬も育てる側の気(雰囲気)に敏感なところ、優しくすれば優しく反応してくるところ、育てる側には我慢も忍耐も必要なところなど、共通しているなあと思いました。

    漫画のようなコマ割りなので読み聞かせというよりは一人読みに適した本かもしれませんが、息子も興味津々で見ていました。

    育てるのって楽しさもあり、やはり難しいなあと思います。

    掲載日:2010/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子育て中なので。

    どうしても子犬に息子の姿が重なります。
    とっても可愛いんだけど、たまにイライラさせられたり
    でも離れると とっても心配で気になったり・・・
    「だれだって失敗はあるわ」この言葉はなんだか心強いです。
    たまに怒るのは許してもらって
    笑顔で接する時間をたくさんあげたいです。

    掲載日:2009/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 4コマ

    表紙のコマ割りの仕方がとても素敵だと思ったのでこの絵本を選びました。題名の通りこの絵本を読んだ後はどうやって子犬を育てる方法を知る事が出ました。ただ解説をするのではなく失敗をし、紆余曲折を繰り返し失敗がノウハウになっていくやり方が素晴しいと思いました。子犬を育てる事で主人公たち自らが成長していく様子に感動しました。楽しい絵も大好きです!楽しみながら学べる絵本でした。

    掲載日:2008/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ぼくのなかのほんとう』 <br>翻訳者・若林千鶴さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット