すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

なきべそプンタ」 みんなの声

なきべそプンタ 作:武井 博
絵:奈良坂智子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1991年04月
ISBN:9784061978201
評価スコア 4
評価ランキング 21,677
みんなの声 総数 2
「なきべそプンタ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親の方が切なく感じるお話だと思います。

    「はらぺこプンタ」が息子に好評だったので読んでみたのですが、プンタの父性というのか、しっかりと親になっていることに驚きました。

    子どもたちの巣立ちのお話なので、子どもよりも親の方が切なく感じるお話だと思います。

    ふくろうのクリコがお嫁にいってがっくりしているプンタには同情してしまいました。

    プンタが育ての親で一生懸命育ててきたことがわかるだけに、同情の気持ちが増してきます。

    巣立ちのためには、厳しさも必要というところは、子どもよりも、大人の方が通じるでしょうね。

    今回は大人に通じる点が多いように感じました。

    掲載日:2009/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「はらぺこプンタ」をよんだとき、どうぶつたちが、たまごだったのに、すごく大きくなっていてびっくりしました。

    どうぶつって、大きくなるのがはやいなあとおもいました。

    プンタが「おじいちゃん」になっちゃったのにも、おどろきました。

    どうぶつって、大きくなると、一人でくらさなくちゃいけなくて、たいへんそうだとおもいました。

    さびしくてないてるプンタのことが、かわいそうにみえました。

    ぼくも、ないちゃうかもしれないっておもいました。

    掲載日:2009/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


ぷくっと、ふわっとしたドーナツ!作ってみよう

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット