あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

むしのうんこ」 みんなの声

むしのうんこ 著:伊丹市昆虫館
構成・文:角正美雪
出版社:柏書房
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年03月
ISBN:9784760126774
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,105
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 博士になれそう

    このお話はいろいろな虫たちのうんこが載っていました。かわいい絵とか、実際の写真とかでとってもわかりやすく描かれていてよかったです。虫のうんちの仕組みもわかりやすく解説してあったので子供は楽しんで見ていました。

    掲載日:2013/03/29

    参考になりました
    感謝
    2
  • お見事!研究報告

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子11歳

    ローカル本ですみません。
    兵庫県伊丹市昆虫館発行の図解絵本です。
    昆虫館と言うくらいですので、その薀蓄(うんちく)は半端じゃありません。
    いいですか。
    いろんな昆虫のうんこの形は言うまでもなく、
    アゲハの幼虫のうんこ排出ライブ!
    1匹のカブトムシの幼虫がするうんこの数。
    虫のうんこを使って何ができる?
    答えは・・・悲鳴覚悟でお読みください。
    もちろんこれはごく一部。
    もうお見事!と拍手したいくらいの報告です。
    実はこの昆虫館では数年前、「むしのうんこ」展が企画され、
    地元ではかなり話題になっていました。
    昆虫館のある昆陽池(こやいけ:一帯が公園になっています)には、
    以前その近くの小学校で行われた長男のサッカーの試合の待機時間
    (何と3,4時間あった)に選手達引率して訪れましたが、
    昆虫館は素通りしていました。
    今度是非立ち寄りたいですね。

    掲載日:2007/12/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • このうんこは、ホンモノです。

    • みかぞう♪さん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子14歳、女の子11歳、男の子9歳

    伊丹市昆虫館の企画展から生まれたという、うんこ図鑑です。

    アゲハの幼虫や、カブト虫の幼虫のうんこは、よく見るけど、
    バッタやトンボのうんこは初めて!
    へ〜、こんな形してるんだ、とみんなでびっくりしました。
     
    アゲハの幼虫のうんこをつぶすと200個の葉っぱのかけらになるとか
    カブト虫は、10000個のうんこをして、成虫になるとか
    実物の写真とかわいいイラストで、わかりやすく解説してあります。

    この1冊で、むしのうんこ博士になれること、まちがいなし(笑)

    掲載日:2007/10/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 図鑑に近い本格派の虫の「うんち」絵本

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    「むしのあかちゃん」とタイアップして出ている絵本です。
    昆虫館の方たちが編集をされているので、子どもたちに分かりやすく、面白い切り口で、虫の「うんち」について見せてくれる科学絵本になっていました。

    虫の好きな子、または物語性のある絵本はあまり興味がないな。と感じている小学校以上のお子さんに特にお薦めしたいです。
    子どもたちは意外と「汚いもの」「えげつないもの」に興味を惹かれます。「うんち」の絵本はいろいろ出ていますが、どれも人気の作品が多いです。
    この作品は、他の「うんち」本より、かなり本格的な図鑑に近い作りになっていますが、そこに魅力を感じます。

    虫たちの落ちているうんちを見たことはあっても、専門的なカメラで、うんちをしているまさにその瞬間を撮影し、ていねいに見せてくれてるところに、一番面白さを感じました!
    この本を編集した人たちは本当に「虫」が好きんなんですね〜。そのことがよく伝わるいい本だと思います。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 情報もりだくさん

    このストレートなタイトルにやられました(笑)。
    5歳の息子が飛びつきました。(こういうのが好きな年頃なんですよね)

    伊丹市昆虫館が出している本というだけあって、中身はすごく充実しています。
    いろんな虫のうんこについての豊富な写真、うんちく、、、例えば、アゲハチョウのうんこ一つの中にある葉っぱのかけらの数だとか、カブトムシが幼虫から成虫になるまでどれだけの数のうんこをするのかだとか、、、思わず、へーー!と感心してしまう情報がてんこもりです。
    排泄物なのに、その色や形ってほんとうにさまざまなんですね。

    虫が好きなお子さん、ウンチが好きなお子さん(笑)、にとてもお勧めの1冊です。

    掲載日:2010/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 驚きました。

    バッタ採りをした息子。バッタのことがとても知りたくなって、いろいろ虫の本を借りてきました。

    この本は題名のとおりバッタのことだけではありませんが、いろいろな虫のうんこについて説明されています。

    ナミアゲハのうんこのかけらを分解してみると、200個のはっぱのかけらというのには驚きました。

    虫のうんこをお茶にしているところもあるのだとか。一度咀嚼されているせいか、ビタミンも多くて健康にもいいんだとか。

    息子がとってきたオンブバッタは、草を食べることがわかりました。

    「ならんだよ。うんこ」というページでは、虫たちのうんこの形状と食べ物について紹介されていますので、虫を採ったけれど、えさがわからない時にも便利です。

    掲載日:2009/01/07

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット