すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた

ぎゅっ」 みんなの声

ぎゅっ 作・絵:ジェズ・オールバラ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年11月
ISBN:9784198612757
評価スコア 4.77
評価ランキング 501
みんなの声 総数 230
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

230件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 抱きしめたくなります

    「ぎゅっ」と言う言葉だけしか ありませんが 何とも 心温まります

    動物たちが「ぎゅっ」と抱き合っている姿が とてもかわいいし、

    やっと ジョジョがお母さんに 会えた時のうれしさは 孫もうれしか

    ったようです。何度も読んで 今は本がボロボロです。

    孫と何度も「ぎゅっ」と抱き合えたのは この本のおかげかもしれませ

    んね

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    3
  • 何度読んでも愛しい気持ちに.....

    絵本クラブ対象

    これまでも何度も読んでいましたが、それまで以上にこの本をよく読むようになったのが、二人目を出産してから。べビちゃんが寝ているときに娘を抱っこして、ぎゅっとしながらこの本を読んでいます。今まで独占していたパパもママも半分こになってしまいきっと寂しい思いをしているよね。ママはこんなに大好きなんだよ〜の気持ちがこの“ぎゅっ”から伝わりますように。娘もぎゅっしてぇ〜って甘えてきます。言葉のいらないシンプルな愛情表現ってやっぱり大事だなぁ〜とつくづく思いました。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    2
  • ママだ〜いすき!

    親子のコミュニケーションにぴったりの絵本です!

    1歳3ヶ月だった娘に読んであげた時、
    娘が満面の笑みで両手を広げて私に抱きついてきたのが忘れられません。
    もちろん、今でもこの絵本を読んだ後の「ぎゅっ」は私たちのお約束です^^

    出てくる言葉はほんのわずかですが、
    主人公のサル「ジョジョ」の表情から
    1歳児なりにいろんな気持ちを読み取るようです。

    ママが恋しくなってトボトボ歩く姿を見ては、
    娘もなんだか心配そうな表情になり、
    ママが現れた時は、娘の顔もパーっと明るくなります。

    若干大きめサイズの絵本ですが、
    0歳児ちゃんでも喜んでくれると思いますよ!

    掲載日:2010/08/31

    参考になりました
    感謝
    2
  • ぎゅ、して!

    • どまどまさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    息子1歳のときによく読んだ本です。
    が。
    この本は、読んであげる文字がほとんどありません。
    「ぎゅ!」って言葉だけ。
    絵がすべてを物語っているんだけど、1歳の子供にジョジョ(主人公のおサルの子供)の表情が読み取れるかな?と思って、
    ついつい説明を入れてしまう、愚かな母…。

    でも子供って、わかってるんだねぇ。
    息子は、この本を読んで、「ママにぎゅ、して〜」ができるようになりました。
    (ママにぎゅした後は、必ずパパにぎゅしにいく、律儀な息子です。笑)
    そして、ジョジョが「ママー!」と叫ぶシーンでは、息子も声を張り上げて「ままぁぁ」と言っています。

    読んだ後、みんながほっとして、そして仲良くなれる本です。

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    2
  • ぎゅっ!

    0歳から読んでいる本です。「ぎゅっ」という短いセリフの繰り返しがほとんどの本。あとは「ママー」と「ジョジョー」というセリフが1回ずつです。それだけあって、親の方がストーリーを作って読む、または子供と一緒に考えながら読む、この本。ちょっと難しい感じですが、親子の会話が広がって、とても良いです。子供にどんな風に読んであげたら喜ぶかな?とこちらも必死に考えます。また子供自身ももう少し大きくなったら自分でセリフを作ったりして楽しめるんじゃないでしょうか。「ぎゅっ」と抱き合う動物のカップルや親子の姿が素敵です。思わず自分の子供も抱きしめたくなる1冊です。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どももママも気持ちいいです

     「ぎゅっ」は、子どももママも気持ち良くて安心します。
     どの動物たちも、おおらかでいきいきしている絵が、ほのぼのしているなと思いました。
     「ぎゅっ」って、本当はなんて言うのでしょう。「抱っこ」とも「ハグ」とも違うし、、、やっぱり「ぎゅっ」なんだなと、笑ってしまいました。

     最後は、みんなで「ぎゅっ」としているのが、ほほえましいです。

    掲載日:2010/08/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大きくなっても・・・

    子供たちが赤ちゃんのときによく読んだのですが
    目に付いて久々に読みました。

    上の子(小2)にはもう幼すぎて嫌かななんて
    思って読んだのですが・・・
    読み終わってから「みんなでぎゅっってしよっか。」
    って言って3人でぎゅっってしました。

    甘えん坊の下の子(年長)はもちろん、上の子もニッコリ。
    いくつになっても抱っこは良いもの。
    親子でスキンシップを出来るうちはもっともっと
    沢山していこうと益々思いました。

    赤ちゃんから小学生でも読んで見ると良いと思います。

    掲載日:2010/07/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 動物大好き

    絵本クラブ対象

    動物がたくさんでてきて、子どもが大喜びです。子どもは比較的、動物が好きであると思うので、楽しんで見れると思います。文字がとても少ないので、ママがお話を勝手に作ってあげてもおもしろいかも・・・
    子どもとのやり取りがしやすい絵本であると思います。

    掲載日:2010/04/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 一緒に「ぎゅっ」

    絵本クラブ対象

    • ゆがゆがさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    赤ちゃんのころはママとべったり。
    1歳を過ぎたあたりから、一人遊びも上手になってきました。
    ママがご飯の支度などで、相手できないでいると、寂しくなってこの絵本を片手に、ママのところまで寄ってきます。
    動物のお友達に「ぎゅっ」と言ってるジョジョを見せてくれます。でもママが近くにいないジョジョの姿に、どんどん不安気な様子をし、ジョジョのママが出てくるシーンを開き、「ぎゅっ」と飛びついて、ハグを求めてきます。
    いつまでもなにかがあったとき、「ぎゅっ」と言いながら近寄ってきてもらいたいものです。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 愛がいっぱい

    言葉なんていらないんだ…素直に、まっすぐ、愛情たっぷりに抱きしめればいいんだ…子育てで迷ったり、悩んだり、落ち込んだりしていた時、自分が慰められた本です。もちろん1歳の息子は、愛らしい動物たちの絵を指さして、「あーあー」とニコニコ顔で楽しそうです。

    掲載日:2010/03/08

    参考になりました
    感謝
    1

230件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おかあさんがおかあさんになった日 / でんしゃ / だるまさんの / いろいろバス

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット