大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ぼくはめいたんてい(6) ゆきの中のふしぎなできごと(新装版)」 みんなの声

ぼくはめいたんてい(6) ゆきの中のふしぎなできごと(新装版) 文:マージョリー・W・シャーマット
絵:マーク・シーモント
訳:光吉 夏弥
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2014年09月
ISBN:9784477026992
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,126
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 問題のプレゼントは見つかりましたが

    時々気になるネートのシリーズです。
    冬らしいゆきだるまの表紙と思ったのですが、これは
    ネートが作った、ネートとスラッジでした。
    ロザモンドが、また変わった謎の依頼を吹っかけてきました。
    ネートとスラッジは、寒い雪の中を歩いて、問題を解決しようと
    考えあぐねることになります。
    この本は絵も楽しく、字もとても大きいです。
    問題のプレゼントは見つかりましたが、この後、どうなるのでしょうね。

    掲載日:2016/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫は好きだけど・・ 

    ロザンモンドが、めいたんていネートのために用意した
    プレゼントが消えてしまいます。ネートのお誕生日は夏なのに。
    今は冬なのに(笑)。
    ネートはそのプレゼントをさがさなければならなくなりますが
    (なんてったってめいたんていですから)、ロザモンドは、それが
    何なのかは教えてくれません。
    「いっちゃったら、せっかく びっくりさせようとおもって
    いたことがだめになっちゃうもの」だからだそうで。
    大変だなあ、ネート。
    私は本を読み終えるとすぐ、登場人物のことを忘れてしまうのですが
    娘はロザモンドのことをしっかり覚えていて。
    「ほら、あのかわった女の子だよ」と。娘に言われて思い出しました。
    確かにあの子、強烈だったわ(笑)。
    あの、強烈な子がくれるプレゼントは果たして・・。
    でもあんまりほしくないですよね。ネートも災難です(笑)。

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪はめくらましか?!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    すっかり名探偵ネートにはまっている7歳の息子と読みました。

    幼年童話とはいえ、
    結構な読み応えのミステリー。

    途中でいろんなヒントらしきものがでてきますが、
    息子と二人、
    「ねえ、分かった?」
    「ママは?」
    「まだ分からん・・・」

    と言いながら、一緒にナゾを解いていきます。

    今回は「雪」が出てくるので、
    消えたもの=雪どけ?と関係してくるかと思い、
    そこらへんを重点的に見ていた私たち二人でしたが、
    結果、見当違いだったり・・・。
    最後までずっと真剣な私たちです。

    主人公は8歳のネートと、
    相棒の愛犬ファングですが、
    ネートの中間たちもまいどお馴染みのレギュラーメンバー。
    読んでいくうちに、個性もすっかり定着してきて、
    親しみが湧いてきます。

    是非読破したいシリーズです!

    掲載日:2014/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • わからない!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    子ども向けの名探偵もののお話ですが、大人の私が読んでもロザモンドのなくしたものが何かさっぱり分かりませんでした。名探偵の推理をなるほどーと聞く一方の私でした。もともと推理は得意でないですが(笑)。
    文字が大きくすぐに読めるので初めての推理ものとして読みやすく面白いのではないかと思います。
    ロザモンドもかわった子だし、キャラクターも良かったです。

    掲載日:2014/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは迷惑だ・・・

    主人公ネートの奇妙なお友達ロザモンド、本当に変わった女の子です。
    謎はいつも、彼女が(その気も無いのに)作っているといっても過言ではありません。

    持ち込む依頼も、結末も、迷惑この上ない・・・
    でも、それに耐えて、謎を解決し、結末を受け入れる、だからこそ
    ネートは自分を「めいたんてい」と自画自賛しているのでしょうね。

    今回の謎は、なかなか難しく、奇想天外です。
    大人でも「あぁ〜、これは思いつかなかった〜」と思うんじゃないかな。

    子供に読んであげていたのですが、親も納得の推理モノでした。

    掲載日:2013/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名探偵はつらいよシリーズ

    読んでいると、名探偵はつらいよシリーズだなあと思います。

    パンケーキを食べる場面が毎回登場しますが、食べたくなる気持ちわかります。

    読んで「またロザモンドだよ」と思ってしまいました。

    そして、ロザモンドのくれたプレゼントって一体なに?きっとほしくないようなものだろうなって想像がついてしまいます。

    ねこ関係かな?とかシリーズを続けて読んでいるので、想像がつくようになりました。

    懸命になくなったプレゼントを探すネートは立派だと思います。

    雪の中を探すだけでも気の毒になってしまいました。

    置手紙の文や最後の文章にネートの本音が表れていてクスリと笑えます。

    掲載日:2009/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • もらいたくありません

    ロザモンドがくれるプレゼントってなんだろうとおもいました。

    ぼくもネートとおなじで、ロザモンドからプレゼントはもらいたくありません。

    だって、ロザモンドだから、ねこのえさのかんとか、かわったもので、じぶんのほしいものはプレゼントしてくれないからです。

    ママへのてがみがおもしろかったです。「なにかわからないかわったもの」ってかいてあったからです。

    どうやってさがすのかなあっておもいました。

    ファングがでてきたので、びっくりしました。

    ファングがでてくると、かまれないかなあってドキドキします。

    さむいから、ネートがかわいそうとおもいました。

    さいごの文がおもしろかったです。ぼくもそうだとおもいました。

    掲載日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私もいりません!

    最近息子がはまって読み続けてるこのシリーズ。
    毎回、ひしぎなキャラがたくさんできて
    笑っちゃったり、おもしろい方法で推理しては
    依頼人の事件を解決していくのが魅力的なんですが
    今回はなんと!このお話しのおもしろキャラのなかでも
    ピカイチ?超不思議キャラ?とも言うのかな?
    のロザモンドが依頼主なのです。
    その段階で、息子は「うわっ!ロザモンド何を頼むんだろう?」
    と、すごく気になる様子。それもそのはず、探偵ネートの
    誕生日は7月だというのに、雪が降ってさむ〜い冬に
    「あなたに誕生日プレゼントを持ってきたわ」
    なんて言い出すんです!!
    さあ、そのプレゼントを無くしてしまって、探すことになったのですが
    はっきり言って・・・いりません!!!
    迷惑で〜〜〜〜す!!
    この不思議キャラのロザモンドならではプレゼントだな〜って
    笑っちゃいました。
    そして、このロザモンドがいかに不思議でおかしな存在だと言うことを
    是非、おしえてほし〜!って方は、このシリーズを
    前作読破することをお薦めします。

    息子は、「このお話しに出てくる人が大人になった時の
    お話しも読んでみたい!ないかな〜?」
    この本は、私が小学校高学年の時に購入した本だと思うのですが
    当時私も、ネート達が大きくなるまでおはなしが続いたらいいのに。
    と思ってたのですが、やっぱり息子もそう思ったのですね。
    ふふふ〜♪

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いらないです!!

    シリーズ通してずっと登場する変わり者のロザモンドと
    飼い猫の4匹のヘックスたち。
    ネートのお友達です。
    しかしこのロザモンド、超・超変わっているのです。
    シリーズ第4弾では、ヘックスの抜け毛をうったり・・・
    シリーズ第3弾では、ヘックス用のまぐろ入りのパンケーキを作ったり・・・(笑)
    かなり笑える・気になる存在なのです。

    そんなロザモンドが今回の依頼主。
    最後の展開は、さすがロザモンドという感じでした。
    そして我が家もいらない!!
    と思ってしまいました(笑)

    なぜそうなのかはぜひこの絵本を読んで知ってくださいね♪
    でもこの絵本を楽しむにはやっぱり前のシリーズを楽しむのをおすすめします☆彡

    掲載日:2007/12/23

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット