あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

グッディさんとしあわせの国」 みんなの声

グッディさんとしあわせの国 作:ルース・エインズワース
絵・訳:河本 祥子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年
ISBN:9784001159929
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
「グッディさんとしあわせの国」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読み聞かせに向いています

    三話収録されています。

    表題作の「グッディさんのしあわせの国」、とても優しいお話だなあと思いました。

    特にお姉さんのマーサの弟・ベンに対する関わり方がおかあさんのような優しさで気にかけて見守っている様子、こんな優しいお姉さんがほしいと思いました。

    子どもへの接し方としても参考になりますし、子どもはこんな風に優しく見守ってほしいと思うものなんだろうと思いました。

    「海辺の小屋」も三人きょうだいと海辺の小屋に住む見知らぬ人との密かな交流ぶり、そして三人きょうだいのおかあさんがよかったです。

    「幸運な男アンガス」は三話中、一番大人っぽい感じがしました。
    「天女の羽衣」彷彿とさせるようなお話で、読み終わった後がとても切なく感じました。

    どれもエインワースらしい優しさが漂う作品だと思います。

    二年生ぐらいから一人読みもできそうですが、読み聞かせにも向いていると思います。

    掲載日:2010/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット