あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

きょうりゅうで町はおおさわぎ」 みんなの声

きょうりゅうで町はおおさわぎ 作:アン・フォーサイス
絵:むかい ながまさ
訳:熊谷 鉱司
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1988年
ISBN:9784323009469
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
「きょうりゅうで町はおおさわぎ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 食べてばかり・・・

     シリーズの第2作目。前作で学校に現れた「きょうりゅう」が今度は町に現れて,大騒ぎになります。

     「花と野菜のコンクール」の会場で,きょうりゅうは,ただひたすら野菜を食べまくります。
     前作と同様で,大人たちの対応が笑えます。警察だ,消防署だ,いや動物園だと・・。相変わらず,既成観念から抜け出せず,慌てるばかり・・・。

     そんな中,前回と同様に,トムはなんとかきょうりゅうを逃がしてやろうとある決心をします。
     トムの思いやりが,とても気持ちがいい!そして,それを見ていた町の人たちの対応も,うれしくなります。

     それにしても,このきょうりゅうは,食べているか,寝ているかのどちらかで,全然かわいくない。少しは,トムの気持ちが通じているのだろうか?まだ,シリーズは続きがあるようなので,きょりゅうの変化も見てみたいと思いました。

    掲載日:2011/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時に切なく

    <花とやさいのコンクール>に現れた恐竜。恐竜を前に見たことがあるトムだけは慌てません。

    大きいこと、怖いことという理由で、特別視されてしまうのは、「ワニのライル」の最初のお話とよく似ている気がしました。

    恐竜は子どもで自分のおかれている状況がよくわかっていないようですが、恐竜を思うトムの心境が時に切なく感じました。ただ、終わり方は明るい感じで終わっています。

    恐竜好きな息子が読みたがった児童書です。恐竜好きなお子さんにお勧めです。

    掲載日:2009/01/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット