キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

22の色」 みんなの声

22の色 作・絵:とだ こうしろう
出版社:戸田デザイン研究室 戸田デザイン研究室の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1985年
ISBN:9784924710221
評価スコア 4.75
評価ランキング 701
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 季節に寄り添って。。

    22種類の日本伝統色が、その名の由来と共に描かれています。
    日本古来から伝わる色の名前はどれも自然から名づけられた
    ものばからり。日本語の響きはとても美しい。
    どんな色にも素敵な名前があるんですよね^^☆
    折角、四季のある美しい国に生まれてきたのですから、
    もっと季節に寄り添って、日々自然の色を感じながら
    生活できたらいいな。。と思いました。
    長男もとても興味深げに見ていました。
    子ども達に伝えていきたい色であり、言葉でもありますね。

    掲載日:2007/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本の色

    にっぽんのむかしから つたえられた たくさんの色のなまえから、22色を あらわしてみました。
    と序章にあるように、
    この絵本は、日本古来の色を絵本にしたものです。

    パラパラと開いてみても、なんとなく、
    「ああ、これは日本の色だな」と思うものばかりです。
    パっとした、ヴィヴィットな色ではなく、
    どことなく、あいまいというか。
    色の中に、シンプルな絵がポンと浮かんでいて、
    趣があります。
    簡単な色の説明も、子供に分かり易く、
    全体的に、非常によく出来た本、と言えると思います。

    この絵本を開いた後は、目にたっぷりと栄養を与えたような気がする私でした。

    掲載日:2006/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になりますよ

    日本の昔から伝えられたたくさんの色の名前を教えてくれます。例えば「あさぎいろ」「ときいろ」「すみいろ」など。昔からの呼び名はとても繊細で、情緒がありますが現代で使われることは少なくなってきましたね。そんな時代だからこそ、日本には素晴らしい色の使い分けとたくさんの名前があるのだということを教えたくて、子供に与えました。淡々と色と色の名前が書かれてあるだけなので子どもにはタイクツかなとも思いましたが意外と反応はよく、「わかくさいろ」とか「ぼたんいろ」など、自然に関係のある名前にはとても敏感に反応していました。親にとっても勉強になるし、色を通じて物の名前や行事を身近に感じ取れるようになりました。オススメの本です。

    掲載日:2002/07/16

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


刀根里衣さんの最新刊発売記念!ギフトにぴったりの絵本

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット