クリスマス くろくま クリスマス くろくま クリスマス くろくまの試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
みんなでプレゼントを持ち寄って、さあ、クリスマスパーティーのはじまりです。サンタさんからもステキなプレゼントがありました!

ヘンゼルとグレーテル」 みんなの声

ヘンゼルとグレーテル 作:杉山 亮
絵:井上 洋介
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2003年
ISBN:9784577026779
評価スコア 4
評価ランキング 19,518
みんなの声 総数 3
「ヘンゼルとグレーテル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 疲れました 笑

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    1つ1つの文字をたどって、お話になっているめいろの本です。
    ヘンゼルとグレーテルのお話をなんとなく知っていれば、迷わずにすすめるのですが、それでもなかなかうまくいかず、大人の私でも行き止まりに何回も行き当たりました。
    まずは、ヘンゼルとグレーテルのお話を子どもに聞かせておくことをおすすめします。
    そうすると、行き止まりに行き着いたときのおもしろさも倍増します。このおはなしめいろの本は、ほかにもあるようなので、親子で楽しんでいこうと思います。

    掲載日:2008/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供ははまりますよ!

    おはなしめいろシリーズの1冊。
    迷路を進んでいくと、お話になっていくのです。
    正解の道にいけば、ヘンゼルとグレーテルのお話になるのですが、間違った道をいくと…
    それはそれで楽しいです。
    息子はわざと間違った道にも挑戦したりしていました。

    とはいえ、このえほん、同じシリーズのほかの絵本に比べると、間違った時の面白さがちょっと少なめかなあ…
    我が家だけかもしれませんが・・・

    このシリーズ自体、息子は好きですが、
    同じシリーズのほかの絵本の方が気に入っているようでした。

    掲載日:2008/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後までたどり着くのが…

    本を開くと迷路に並んだ字がぎっしり。迷路をたどって下から上に読んだりもするので、結構大変です。
    「あるところに、へんなさるがいました。ヘンザルと…」(間違った道)「あるところに、ぐれているむすめがいました。グレテールとよばれていました。」(これも間違った道)「あるところに、ヘンゼルとグレーテルというこどもがいました。」(これが正しい道)というように、間違った道に行くと、ヘンな文章になってしまいます。途中でわかれたまま次のページにいったりもするので、最後までたどり着くには、行きつ戻りつで時間もかかります。ヘンな文章に大笑いしながら迷路遊びを楽しめますが、小学生以上くらいでないと、最後まではキツイかもしれません。時間に余裕を持って、読み始めることをお薦めします。

    掲載日:2007/11/13

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • いきてる
    いきてるの試し読みができます!
    いきてる
    作:中山 千夏 絵:ささめや ゆき 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    あなたがここにいることそれが何よりも大切なこと。


『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット