大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

リーラちゃんとすいか」 みんなの声

リーラちゃんとすいか 作・絵:マリリン・ハーシュ
訳:おかべうたこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1978年
ISBN:9784593600342
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,628
みんなの声 総数 7
「リーラちゃんとすいか」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すいか大好き!

    • ヒロの恋人さん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子10歳、女の子5歳

    5歳と10歳のすいかが大好きな娘二人に読んだので、題名から、真剣に聞いてました。
    主人公のリーラちゃんもすいかが大好きで、慌てて食べたら、種まで飲み込んでしまって、お兄さんに、
    「たねをのみこむと、おなかのなかに、すいかがなるぞ!」と言われます。
    それから、リーラちゃんは、心配になって、すいかが食べられなくなると言うお話です。
    お腹の大きな女の人を見ては、おばちゃんもすいかの種を飲んだのねと、心配になったりする、リーラちゃん。
    子供の想像力の可愛さに心温まるお話ですが、娘たちは、きっと、どうなるんだろ〜とドキドキしたと思います!
    結末も可愛いですよ。

    掲載日:2013/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • すいかのたねが……。

    サークル活動の一環として、保育所でのおはなし会で読んだ絵本です。

    スイカの種を飲み込んでしまったリーラちゃん。にいさんに「おなかのなかにスイカがなるぞ!」と言われ、心配になってしまいます。
    その後、お腹の大きな女の人を見かけたリーラちゃんは、「あのおばさんも、すいかのたねをのみこんだのかしら?」

    リーラちゃんは、おそらくアラビア辺りの女の子ですが、考えることは保育所の子どもたちと同じ。
    リーラちゃんをからかうにいさんも、私たちのすぐ近くに住んでいる子どもたちとそっくり。

    読んだ後には、リーラちゃんのように、大きなスイカをひとりじめして、がぶっと食べたくなります。
    スイカのおいしい夏のお話。これからの季節にいいと思います。

    エキゾチックな絵も素敵です。
    大人数へ向けての読み聞かせだったので、細かい所まで見えなかった子がいるかもしれないのが、反省点。

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独特な絵です

    図書館でみて独特な絵のタッチがきになって
    借りてみました。
    インドのお話のようです。
    スイカが好きなリーラちゃん、
    兄弟げんかというか、じゃれあいというか
    そういうのがあって、真剣に悩むけど
    お兄ちゃんの嘘がばれて
    好きなすいかを丸丸ひとつ買ってもらえます。

    単なるけんかじゃなくて
    愛のある、兄からのからかいの言葉のように感じました。
    古い本ですが楽しかったです。

    掲載日:2011/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家でもいうセリフ!

    うちの息子はスイカが大好き!
    ガブガブと食べるのはいいのですが、
    気づくと種までガブガブ。

    そんな時いう私たち親の台詞。
    「すいかのたねまで飲み込むと、お腹にすいかができるよ〜。」
    そのたびにギョッとしている息子です。

    さてさて、そんなときにであったこの絵本。
    絵本でも同じ台詞が登場しているじゃないですか♪

    息子はもうそこで一気に絵本の世界へ。

    さてさて、この絵本この後どう展開されているのか木になる方はぜひに読んでみて下さいね☆彡

    息子はリーラちゃんが最後にまたスイカを食べれようになったの嬉しかったらしく、
    また自分もすいか食べたいなあと思ったようです♪

    掲載日:2007/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私もやってみたいよ〜

    ブログのお友達が紹介してて、すいか好きのわたしは
    もう気になって気になって・・・図書館で借りてきました。

    私もよく子供の頃に兄に言われた
    「すいかのたねまで飲み込むと、お腹にすいかができるよ〜」
    食い意地だけはっていた私にはそんなこと気にしてたら
    たくさんのすいかを食べられないジャ〜ン!!って言って
    4人兄妹のすさまじい食べ物獲得争いに夢中で気にしてませんでしたが
    リーラちゃんはなんて素直で純粋な子なんでしょう!


    でも、お話しの最後には私がまだ試したことがないことを
    やってのけたりーらちゃん!!
    思わず、「いいな!!私もやってみたいよ〜!!」
    かなり憧れの眼差しで何度もそのページを見ちゃいました♪

    よ〜し!!今年の夏は絶対に!!
    と妙な場面に共感して意気込む私を横目に子どもたちは
    インドの生活の様子や、出産時にみんなが集まって
    お世話をすることに興味津々でした。

    親子で違った視点で読み進めましたが、たまにはこういった感想もいいよね〜(#^.^#)

    掲載日:2007/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • スイカ食べたくなるよ

    • 花ぶらんこさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子11歳、女の子9歳

    スイカが大好きなリーラちゃん、
    ある日あわてて食べちゃってスイカの種も飲み込んでしまい
    お兄ちゃんに
    「おなかの中にスイカがなるぞ」って言われてしまいかなり心配の様子。

    インドの生活を存分に味わえます。
    子供の頃ってこんな風にすごい想像してしまいますよね?
    本当になってしまうの?なんて。
    出来たらどうなってしまうんだろうって。
    リーラちゃんのお兄ちゃんは妹がここまで
    心配するなんて思ってなかったでしょうね。
    妊婦さんを見てきっとスイカができたんだって
    思う子供心、読んでて笑ってしまいます。

    掲載日:2007/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • スイカを食べる時期にぴったり

    • えみちゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    リーラちゃんは夏が大好きです。なぜって暑いけれどすいかがいっぱいあるから。でもある日すいかをたくさんあわてて食べて、たねまでのみこんでしまいました。すると、兄さんが「種を飲み込むとおなかの中ですいかがなるぞ。」というのです。リーラちゃんは、本気にして、それからすいかを食べません。そんなあるひ、大きなおなかをした女の人を見かけます。その人は、妊婦だったんだけれど、リーラちゃんは、スイカの種を飲み込んだんだとおもいます。リーラちゃんは、その女の人も自分も心配になり悩みます。あるひその女の人が家の前を通らないので、その人の家に行ってみると、赤ちゃんが生まれていました。そこでやっとリーラちゃんは、兄さんにからかわれたことを知ります。最後は、そのことをおばあちゃんに話すと、おばあちゃんが市場で一番大きなスイカをリーラちゃんに買ってくれたというお話です。2歳の息子は、とても心配そうにだまって話を聞いていましたが、赤ちゃんが生まれたところで、「なんだ、ぴよちゃん(わがやでは、胎児をこう呼びます。)だったのか」と、ほっとしたようにつぶやきました。とってもどきどきしていたようです。絵は、とてもアジアンちっくで、華やかではないけれど、本当に楽しく読めます。

    掲載日:2002/07/16

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / ぐるんぱのようちえん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / あおくんときいろちゃん / あめだまをたべたライオン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット