くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …

「きかんしゃトーマスのぼくがいちばん」 みんなの声

きかんしゃトーマスのぼくがいちばん 作:W・オードリー
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 2
「きかんしゃトーマスのぼくがいちばん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 勝負だ!

    トーマスの絵本、うちにも何冊かありますが、
    今まであまりじっくり見たことがありませんでした。

    トーマスの世界って、不思議ですね。
    機関車自体が、意思を持っているけど、運転士もちゃんと居るし。
    表情豊かで、一体何体のトーマスがいるんだろう…なんて
    考えてしまいます(笑)

    この本は、トーマスとバスのバーティーが、
    「自分の方が早い」と競争するお話です。
    なかなかスリリングな競争ですが、そこは機関車のこと、
    駅ではちゃんと停車して、お客さんを乗降させます。
    バーティーだって、踏切に遮断機が下りていれば、
    動くことはできません。
    現実的な部分と、ありえない世界がミックスされているのが、
    トーマスの面白さですね!
    人気の秘密が分ったような気がしました☆

    掲載日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • バスと機関車の競争!

    きかんしゃトーマスのアニメ絵本シリーズの絵本です。

    トーマスとバスのバーティが競争して、どちらが早いかを競うという内容でしたが、これが息子におおうけでした。
    息子はもちろん、きかんしゃが大好きなのでトーマスを応援し、バーティがトーマスを抜いていこうとするシーンでは、バーティの絵の前に自分を手を置いて「だめー。踏み切りですよー」っと言ってバーティの邪魔をしていました。

    トーマスとバーティが抜きつ抜かれつして、最後のゴールにたどりつくところまでは面白い展開が多くて、夢中になっていました。

    掲載日:2007/11/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット