大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

おやすみのぎゅう」 みんなの声

おやすみのぎゅう 作・絵:さいとう しのぶ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年09月
ISBN:9784333022915
評価スコア 4.32
評価ランキング 12,925
みんなの声 総数 24
「おやすみのぎゅう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 懐かしい

    2歳次女が図書館で選んで借りてきた絵本です。

    毎日おやすみのぎゅうをママにしてもらうこぶたちゃん。「ママもこどものころ、ママのママにぎゅうしてもらったよ」というこぶたちゃんのママ。こぶたちゃんのママの成長していく過程で、ぎゅうってしてもらう相手が変わっていくことが描かれています。

    今では2人の娘にぎゅうってしてあげてますが、昔は私がされていたんだなと懐かしく思いました。これから大きくなるまでいっぱいぎゅをしてあげたいと思うと同時に、いつか相手が変わってしまうのか・・・とまだまだながら思ってしまいました。

    2歳娘とはぎゅうをたくさんしながら読みました。たくさんスキンシップの取れる絵本です。オススメですよー。

    掲載日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぎゅうして〜!

    このお話はぶたの親子がお休み前にぎゅうをして愛情を確かめ合っているお話でした。こういう系のお話を読むと必ずうちの子は、赤ちゃん返りをします。案の定このお話でも、「ねぇ〜ぎゅうして!」とあかちゃんになってしまいました。でも、ぶたのお母さんを見習ってたまにはしてあげなくてはと思いながら反省してます・・・。

    掲載日:2013/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • しあわせ♪

    家族の大切さを、素敵な絵で教えてくれる絵本です。
    おやすみ前におかあさんから「ぎゅう」ってしてもらう
    のですが、その「ぎゅう」が、とっても幸せな気持ちに
    させてくれます。
    ママはパパにぎゅうってされて、ぎゅうの輪がどんどん
    ひろがっていきます。
    寝る前に読み聞かせをしてあげたい本の1冊です。
    こういった絵本は長く読んであげたいなと心から思いました。

    掲載日:2012/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る前に最適☆★

    タイトルの通り、夜寝る前の読み聞かせにオススメの絵本です^^

    こぶたちゃんは、ママにおやすみのぎゅうをしてもらいます。

    ママはぎゅうってしてもらわないの?

    子供の素朴な疑問にママは優しく語り掛けてくれています。

    寝る前の会話を、そのまま絵本の中にしまっている様な感じでした。

    寝かしつけがスムーズに行きそうな気がします。

    家族愛を感じさせる素敵なお話でした。

    掲載日:2012/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぎゅう

    読みながら、幸せな気持ちになりました。
    読み終わったときには、もちろん「ぎゅう」です。
    下の子だけでなく、もう大きくなった長女も「ぎゅう」っていう気分になったようです。
    最近ではスキンシップが恥ずかしいと言っているのですが、久しぶりに「ぎゅう」しました。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパとママも・・・

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    おやすみのぎゅう、習慣にしている家庭も多いと思いますが、パパとママのぎゅうはなかなか子どものいる家庭では少ないんじゃないかな。うちも、夫婦仲良くは心がけていますが、子どもの前でぎゅうはしてないなぁ・・・。
    とっても幸せな絵本だと思うのですが、これを読んだ後、どう行動するかは家庭によりけりかな、と思いました。

    掲載日:2012/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやすみ前の幸せ♪

    この絵本を読むとママも娘も幸せな気持ちになれて、パパ、ママ、娘でぎゅうとしたくなります。
    娘とふたりで読んでる時は、娘を膝に乗せぎゅうしながら読むと喜んでくれてます。パパも一緒にいる時はパパもくっついてきてくれます。家族で仲良くなれる絵本ですね♪
    さいとうしのぶさんの絵が素敵!こぶたちゃんの表情がとても良く、ぎゅうってされて幸せで安心してるんだろうなぁ〜。
    娘ともたくさんぎゅうしたいと思う、おすすめの絵本です。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 照れてしまいます。。。

    温かくて愛情たっぷりの絵本です。
    でも、「ママはパパにぎゅってしてもらうんだよ」ってところは、なんだか照れてしまいます。

    まだまだ我が家は、欧米にはなれません(笑)

    掲載日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • だっこのきっかけに

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    おやすみ前のこぶたちゃんとママの会話で展開していきます。
    部屋にあるカバンや制服から察するに、こぶたちゃんは園児のようですね。
    おやすみ前にママにぎゅうってしてもらうのがお決まり、というのがいいですね。
    その気持ちよさを知っているからこそ、ママやパパは誰にぎゅうってしてもらうの?
    という質問になるのですね。
    その答えも素敵。
    パパとママに愛されて眠る幸せ、
    我が子が幸せそうな様子がいとおしいパパとママ。
    とても素敵な光景です。
    昨今のニュースを見ていると、全ての子どもがこの素敵な体験をしていますように、
    と願わずにはいられません。
    実は、乳児親子の会の支援ボランティアをしていますが、
    我が子をぎゅうってできない親も時々見かけます。
    そんな時はこの絵本の出番です。
    読んであげるだけでも、立派な進歩。
    抱っこのきっかけにもなりそうですよ。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルだけどあたたかい!

    家族がお互い、ぎゅう、ってするのは本当に幸せなことですよね。夫婦も、親子も、ハグして、キスして、幸せに☆

    読みながら娘ともハグしていましたが、楽しく暖かい心で読めました。

    文章は短くてシンプルです。絵本ナビでサイン本として購入しましたが、サインもシンプルでした(笑)

    年齢的には1歳くらいから読めそうです。

    掲載日:2011/05/31

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット