庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

りんごころころ」 みんなの声

りんごころころ 作:松谷 みよ子
絵:とよた かずひこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2001年01月10日
ISBN:9784494001729
評価スコア 4.27
評価ランキング 13,720
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

47件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • おいしく食べたいりんご

    やさしい女の子とりんごの木のお話です。

    りんごの木が誰もとってくれないと泣き出したので、はなこちゃんは、りんごをとってあげました。
    すると「ころころ びゅーん ころころ びゅーん」「わたしをたべて! わたしをたべて!」とリズムカルにりんごの実がころころ、はねあがって転がりだし、いろいろな人や動物のところに辿りつきます。

    丸いりんごが、ジュースになったり、アップルパイになったり、離乳食になったり、といろいろな美味しいものに変身します。
    このあたりも、小さい子には魅力なのでしょうね。

    そして、突然今度ははなこちゃんが泣き出します。
    りんごがみんないなくなっちゃったからです。
    もちろん、最後はハッピーエンド。
    りんごの木が泣いたり、はなこちゃんまで泣いたり、と子供にはハラハラドキドキのお話です。

    掲載日:2009/12/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • アップルパイがいいな。

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳

    松谷みよ子さんの絵本です。ほのぼのとした気持ちになります。

    息子は、とにかくリンゴの木が泣いているのが、面白かったらしく「泣いている〜」と喜んでいました。リンゴがころころ転がって、アップルパイになったり、ジュースになったり、離乳食になったりして、どれもおいしそうで、息子とどれにする?と楽しく読むことができました。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • あたたかい絵と分かりやすいストーリー

    • 魁ママさん
    • 20代
    • ママ
    • 秋田県
    • 男の子1歳

    優しく、ほんわかした絵で、ストーリーもわかりやすいです。息子が1歳半の時、リンゴが好きなので何気なく図書館から借りてきたら、とても気に入り購入しました。リンゴが全部なくなったページでは、「葉っぱ、葉っぱ」と言い、リンゴがなくなってしまったこともちゃんとわかっているようです。
    何度も読んでいるうちにこちらも暗記してしまいましたが、出かけた先でぐずった時などに話してやると、じっと聞き入ってくれるので助かっています。

    掲載日:2006/10/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 可愛い♪

    りんごたちが、「わたしをたべて」と色んなところへ転がっていくお話。無駄な描き込みのないシンプルな絵で、使用色も少ないのですが、だからこそりんごの赤がとても鮮やかに見えて素敵です。これを読むとりんごが食べたくなります(笑)。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 木と女の子に共感した娘でした。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘が図書館から借りてきました。

    りんごの木が「だれもとってくれないよう」と泣いているのを見た女の子。
    早速、りんごをたくさんとってかえろうとしますが、
    ころころころころ ころがったりんごは
    他の動物たちのところへ。

    りんごの木は泣き止んだのに、
    次は女の子が泣いちゃった。

    3歳の娘は、りんごの木が泣く気持ちも、
    女の子が泣いた気持ちも、とってもよく共感できたようで、
    悲しそうな顔をして絵本に見入っていましたが、

    さいごはお母さんにたくさんのりんごをお土産に持って帰れた女の子。
    娘もやっとニッコリです。

    りんごが大・大・大好きな娘。
    こんど一緒にりんごケーキを焼いて食べようね!

    掲載日:2015/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べてね

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    りんごの木にりんごがたくさん!
    ですがりんごを食べてとりんごの木が悲しんでいます。
    私も食べたいです(笑)。
    みんなの手にわたったりんごたち、みんながおいしく食べられたようで良かったねと言ってあげたくなります。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホッとする1冊

    小学1年生の息子が読書の宿題のために読んでいた本です。

    女の子がりんごの木のためにひと肌脱ぎますが、今度は自分が泣き出してしまいます。

    でも最後はハッピーエンド
    おかあさんにりんごを渡す女の子の後ろに1列に並ぶりんごさんたちが
    すてきです。
    りんごをまるかじりする女の子もとっても満足そうで読んでいる息子もすごく嬉しそうでした。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子でおしゃべり

    とよたかずひこさんの絵本です。とてもやわらかい画風で、娘も私も気に入っています。
    特にこの絵本はテーマがりんご。
    たくさんのりんごがころころと転がっていく様子は壮観です。
    娘は、「これ、だれが食べるの?」と不思議そうに聞いていました。
    文章がないページもあります。おばあちゃんやあかちゃん、鳥や牛がりんごを食べている様子が描かれているのですが、文章がなくても親子でいろいろとおしゃべりができてよかったです。

    掲載日:2014/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなりんご大好き

    りんごの木が「おもたいよぅ」 と泣いています。
    そこで、やさしいハナコちゃんはりんごをとって落としてあげます。
    すると…

    りんごを食べる動物たちや、
    りんごジュースやりんごパイ、りんごのすりおろしにして食べる人々の顔も
    ほっこりおいしそうに食べていてキュート☆

    ハナコちゃんもみんなもいっぱい美味しいりんごを食べてね。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実がすきなので

    可愛らしい絵に惹かれて。

    たわわに実ったりんごの赤が色鮮やかできれいです。

    息子は道端に落ちている木の実やどんぐり、家の畑になっている
    みかんや柿など「実」が大好きで、すぐ拾ったり、もいだりします。
    そんな息子から見たら、りんごがいっぱいなっている
    りんごの木は魅力的に見えたのでしょう、
    初めて読んだ時、興奮気味に、
    「りんごいっぱいなってるね!!」
    と嬉しそうにお話してくれました。

    最後、泣いてしまったハナコちゃんがニコニコ笑顔になって
    お母さんのところにりんごを持って帰るのも安心できます。

    この本をよんでから、ふと、りんごが実っている木を
    まだ見たことがない息子にみせたいなあと思いました。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0

47件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット