雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

いもほりよいしょ!」 みんなの声

いもほりよいしょ! 作:きむら ゆういち
絵:いもと ようこ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\780+税
発行日:1997年
ISBN:9784876925940
評価スコア 4.48
評価ランキング 7,261
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • よいしょ!

    いもとようこさんのどうぶつたちの絵はとても可愛いし、きむらゆういちさんだから、やっぱりしかけがありました。やっぱり楽しみになります。保育園中は毎年園でさつまいも堀を楽しみ(?)にしていた孫と書きたいですが、本当はおいもに触るのをちょぴりおそるおそる触っていたなあって懐かしかったです。今の季節に読みたい一冊です!

    掲載日:2014/10/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 生のおいも食べてる?(笑)

    • NEOさん
    • 40代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳

    1歳の時に初めておいもほりをしたのですが、
    まだまだわからないし、土遊びで終ってしまいました。
    去年、2歳でもおいもほりをすることに。
    おいもほりの楽しさがわかるかな?と
    この本を購入。

    「よいしょ、よいしょ」
    一生懸命ひっぱって、土の中から出てくるおいもの
    美味しそうなこと!!

    仕掛けも楽しくて、みんなで美味しそうに
    おいもを食べるシーンが娘も気に入ったようでした。

    「お料理して食べないの?」とは
    3歳になった娘の感想です(笑)
    「動物さんたちは、このままでも食べれるんだよ」
    と言いましたが。

    実際おいもほりをした時は、
    大人でも簡単には抜けなくて、
    本みたいな楽しさは味わえませんでしたが
    また今年もリベンジ!!
    この本でシュミレーションします(笑)

    掲載日:2011/10/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • もうすぐおいも堀の季節だね。

     5歳の娘が幼稚園から自分で選んで借りてきました。

     最近、娘との会話で、もうすぐおじいちゃんとおばあちゃんの畑でサツマイモ堀できるね〜といっていたからかしら?と思ったり、最近おいしいサツマイモが親戚から届き、みんなでおいしいね!!といって食べていたからなのか・・・?幼稚園の花壇にサツマイモを植えているのでみんなでもうすぐ収穫かな・・?とはなしているのか?

     幼児期には、やはり家族の会話、そして幼稚園での会話など子どもの関心事に影響があるのかな?と感じました。

     親子での季節の移り変わりの話など、大切にしていかなくては・・・!と感じました。

     絵本はちょっとした仕掛けがあって、とってもおもしろいです。

     そして、女の子の大好きなうさぎが主人公なので、女の子にはとってもお勧めの一冊です。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • いもほり体験ができます

    3歳2ヶ月の息子に読んでやりました。きむらゆういちさんの本らしく、本を読んでいるのに、いもほりの体験ができちゃうんです。なかなかページをめくるだけだといもほりのイメージが沸きにくいのですが、そこはうまく演出されていますね。いもとさんのあたたかいイラストも、そのいもほり体験を楽しく感じることができ、息子は何度も何度も読んでー、読んでーと持ってきました。残念ながら、今年も実体験はできませんでしたが、イメージトレーニングだけはばっちり!といったところでしょうか。

    掲載日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • いもとさん

    いもとようこさんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公たちが一生懸命になって芋ほりをするのが愛らしかったです。娘も芋ほりを体験したことがあるのでとても楽しんで読むことが出来ました。なかなか抜けない芋が抜けたとき感動しました。主人公たちと一緒に芋ほりを楽しめるのが良かったです。仕掛けも気に入りました。

    掲載日:2010/10/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しい

    今年「いも」を初めて食べていもを知った娘と一緒に読みました。知っているおいもが出て来て娘も嬉しそうでした。いもとさんのイラストがいもや秋のふんわりしたイメージとピッタリ。ウサギも大好きな娘は大満足で読んでました。

    掲載日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • ほのぼの芋ほり☆

    春に(ジャガイモ掘りですが)したので、ちょうどいいと思い
    読み聞かせました。
    動物ごとに声色を変えて読み、自分も楽しくなりました。
    ねずみは小さく高い声で早く「よいしょ、よいしょ!」と
    読んだりかばは大きく低い声でのろく読んだり。
    最後はみんな一緒に食べるところはほのぼのとしていて
    さすがこのぴっぴとみいみシリーズは良いなあ、と思いました。

    掲載日:2010/10/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • とっても可愛い

    とっても可愛い絵で子供がとても大好きな絵です。
    この方の絵はとても温かく子供にはオススメの本です。
    11月いもほりをしたことのない子供に読み聞かせると
    「はーちゃんもしたいなぁ」というぐらいいもほりの楽しさが
    分かる絵本でした。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • うんとこしょ!

    お芋掘りの行事に合わせて絵本を探していたとき、いもとようこさんの優しくて愛らしいイラストに惹かれて手にとりました。

    カバくんがお芋をひっぱているときに
    「あれ?抜けないなぁ〜みんなも手伝ってくれる?」
    と誘うと子どもたちも絵本の世界に入って楽しんでいます。

    掲載日:2009/10/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • そうだったんだ〜。

     3・4歳頃からお薦めです。
     芋掘り遠足にでかけたうさぎさんたち。
     みんな自分の体格に似合ったお芋さんを掘れました。
     おいもの形で、しばらく親子でお話できますね。
     最後に〜みんなで力を合わせて、…。
     そうだったんだ〜。という笑顔のエンディングです。
     しかけたっぷりの一冊です。
     きむら先生のお話で、いもと先生のほのぼのあったかな絵。
     秋のこの時期に、お子さんと楽しんでください。
     近所の4歳の女の子は、数がかぞえられるようになり、もぐらさんを「いち、にー、しゃん…。」と数えていました。

    掲載日:2009/09/19

    参考になりました
    感謝
    1

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


コップのフチ子原案!これまでにない絵本ができました

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット