まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…

きつねのぱんとねこのぱん」 みんなの声

きつねのぱんとねこのぱん 作:小沢正
絵:藤枝 リュウジ
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1996年
ISBN:9784337022027
評価スコア 4
評価ランキング 19,432
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 協力

    美味しいパンを作るのに一生懸命な姿に感動しました。自分の作ったパンの味に驕らずに他の人の味を認める謙虚さを持っているのが気に入りました。少しぼこぼこした感じの質感が斬新でした。最後にはお互いが持っている素晴らしい能力が融合されて良かったです。美味しい物を作り人を幸せに出来る主人公達は素晴らしいと思いました。お店の紙袋の絵が可愛らしかったです。

    掲載日:2009/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 牽制し合うよりも

    最近私が気になっている小沢正です。きつねのぱん屋さんはねこのぱん屋さんの方がおいしいと思っています。ねこのぱん屋さんはきつねのぱん屋さんの方がおいしいと思って、お互いに病気になってしまいます。

    「うさぎのぱんとこぶたのぱん」を先に読んでいまして、そちらは変身するぱんのお話でしたが、こちらはぱん屋さんのお話。

    こっそり敵状視察するねこの姿に笑ってしまいます。双方にとっては、死活問題ということで病気になってしまう当たり、笑っていられない現実問題なのだろうなと思いました。

    昔話も多く書いている小沢正ですが、結構ピリ辛な作品が多いことや、現実問題を児童書に持ち込んでしまう感覚が他の作家とは違っておもしろいと思います。

    読んでいて、お互いに牽制し合うよりも、良い所を認め合うほうがいのだろうなと思いました。

    掲載日:2008/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の友だち

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    きつねとねこは、それぞれパン屋さんです。
    お互いのパンが気になって買いに行きます。
    きつねもねこも、相手のパンのほうが美味しいと思って、落ちこんで入院してしまいます。
    病院で再開して仲良くなります。
    お互いに落ちこんでいたと知って、ふたりでパン屋さんを始めます。

    お互いに自信を取り戻し、お互いを認めて、ますますおいしいパンが出来たのでしょう。
    いいところを認め合えるっていいですね。
    その出会いは、おほしさまがもたらしたものでした。
    初めは、意地悪なことをいうおほしさまだと思いましたが、
    二人がより成長するためにいったのですね。
    このあたりは、子どもには伝わりにくいかもしれません。

    掲載日:2007/11/07

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット