もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

クリスマスにきたユニコーン」 みんなの声

クリスマスにきたユニコーン 作・絵:アンナ・カーリー
訳:まつかわ まゆみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784566008724
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,083
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ユニコーンとの交流

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子12歳

    ユニコーンは、額の中央にらせん状の角を持った伝説上の白い小馬。
    そんなユニコーンが登場する、というところが興味深かったです。
    日本の子ども達には少し馴染みがないので、
    少し解説が必要かもしれませんね。
    クリスマスにおじいちゃんの家にママとやってきたミリーは、
    パパが一緒でなくて、眠れないのです。
    一方、雪の野原のユニコーンはクリスマスの明かりに興味津々。
    ミリーとユニコーンはすぐに仲良くなりますが・・・。
    クリスマスを知らないユニコーンの無邪気な行動がほほえましいです。
    クリスマスツリーにある幼子イエスさまの飾りの飼葉を食べてしまうなんて、
    私的にはちょっとびっくりしてしまいましたが。
    でも、誰も、ユニコーンをとがめたりしません。
    このあたりが、何となく、クリスマスの雰囲気そのものでした。
    ミリーがユニコーンを気に入った気持ちが伝わってきて、
    その交流にほっこりです。
    ミリーの家族の家族愛も伝わってきて、嬉しいです。
    ミリー、願いがかなってよかったね!

    掲載日:2008/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


「パンダのポンポン」シリーズ 野中柊さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット