だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ジス・イズ・ワシントンD.C.」 みんなの声

ジス・イズ・ワシントンD.C. 作・絵:ミロスラフ・サセック
訳:松浦弥太郎
出版社:ブルース・インターアクションズ
本体価格:\1,800+税
発行日:2007年05月
ISBN:9784860202262
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「ジス・イズ・ワシントンD.C.」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いつか訪れたい!

    私が私のために集めているこのジス・イズシリーズ。
    ずいぶん揃ってきました。

    こちらは、アメリカの首都、ワシントンDCへの旅へ連れて行ってくれる1冊です。
    ワシントンDCといえば、大統領の住むホワイトハウスですよね。
    ホワイトハウスには、134部屋・35のバスルームがあるんですって!
    すごいですね。
    他にもFBIやペンタゴンなど首都機能が集中していますし、息子がいつか訪れたい!と憧れているスミソニアン博物館もこの街にあるんですよね。
    この本が描かれたのは1969年(アポロ宇宙船が月に着陸した年)なので載っていないのは当然ですが、スミソニアン博物館には現在、そのアポロの実物もたしか展示してあるはず。
    この本では、博物館の目玉は1927年にはじめて大西洋を単独飛行したリンドバーグの飛行機ということになっています。(それもすごいのですが)

    このシリーズは私のために購入しているので、息子はあまり手を出さないのですが、この「ワシントンDC」の巻だけは熱心に手に取っていました。
    いつか息子と一緒に観光に行けるといいなぁ・・・なんて夢を見ています。

    掲載日:2011/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい!!

    内容は5歳の息子にはちょっと難しかったかも・・・

    でも絵を眺めているだけでも楽しい。
    特に建物は細部まで描かれていてみとれてしまう。
    本物を見てるような感覚だ。
    ワシントンには行ったことがない。
    この絵を見て この本を持ってワシントンに行ってみたいと思った。

    こういう本を何気なくみていることで
    なんとなく海外に行ってみたいと子どもが思うのかも・・・と思った。

    「This is 〜 」シリーズであるようだ。
    他の本も読んでみたいと思う。

    掲載日:2010/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット