もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

たまねぎ」 みんなの声

たまねぎ 作・絵:花田弥一
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\757+税
発行日:1996年
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,239
みんなの声 総数 2
「たまねぎ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 実直な絵本

    身近な野菜「たまねぎ」がどうやって育つのか、しっかり描いた絵本です。
    とても実直な絵本だなと思いました。
    そして私自身、知らないところもたくさんありました。
    たまねぎ、こんな風に育つのですね。勉強になりました。
    古い絵本なのですが、このような実直な絵本をぜひシリーズで出してほしいなと思いました。「たまねぎ」以外も出ているのでしょうか?ぜひ購入したいです。

    掲載日:2017/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな風にして育つんだね

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子8歳、男の子8歳

    北海道の大地で育つたまねぎの、種まきから収穫までを描いたお話です。

    身近な食材たまねぎも、どんな風に育つのか意外に知らないもの。(私自身、この年になるまでよく知りませんでした。)

    スーパーで袋詰めで売っているたまねぎが、こんな風に育って収穫されて、店頭に並ぶのか…と、親子で一緒に勉強しました。

    幼稚園や小学校でのおはなし会でも読まれています。
    子どもたちの反応も上々です。
    小さい子に読むと、冒頭の『みなさんは かれーらいすが すきですか?』にすかさず「すき!」「すき!」とあちこちから声があがり、うれしくなります。(かわいいな〜)

    わが家も、今日はカレーライスにしようかなぁ。
    たまねぎたくさん入れて(^-^)

    掲載日:2007/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。
  • おやすみ〜
    おやすみ〜の試し読みができます!
    おやすみ〜
     出版社:くもん出版
    大好きなものに「おやすみ〜」と挨拶する赤ちゃん。おやすみ前の1冊にピッタリ!


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット